かずき農園 農主 古谷一紀のブログ「時速70㎞!~かずき農園~」

古谷一紀

1984年(昭和59年)6月13日生まれ 現在29歳
宮崎生まれ、宮崎育ち
現在は建設業を脱サラし、日南市北郷町で100頭あまりの
ダチョウを飼育する、かずき農園を経営!
2014年1月にOstrich HAJIME(オーストリッチハジメ)に改名。

新年度に向けて走り出す!

こんにちは♪

OstrichHAJIMEの古谷です。

さて、今回は新年度目前ということで、

桜とダチョウ!

満開とはいきませんが、ちらほら咲いてます。

宮崎県日南市は暖かい日も続き、すっかり春めいてきております。ポカポカ陽気気持ちいいですね~。

写真は、パドック内の桜と9ヵ月齢のダチョウさんです。

ダチョウさんは、約1年齢の頃に羽が生え変わります。

体こそでかい(約90㎏)ですが、まだ雛です…

最近は、足も太くなってきまして、パドック内を猛ダッシュで走ってます。

元気そのものです!

 

さてさて、雛といえば…

今年最初の雛の登場です!

3月16日~19日の間に産まれた雛たちです。

産まれてまだ一週間も経ってませんが、もう元気に歩き回ってます。

さすが!

モリモリ食べて、元気に育て~

成長していく姿をブログにアップしていく予定ですので、皆様チェックしてくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.03.23(日) 06:26:40

日南の新ブランド「DaBird(ダバード)」発進!

こんにちは。

OstrichHAJIMEの古谷一紀です。

久々の投稿になってしまいました。

すみません。

さて、今回は新ブランド「DaBird」についてです。

1月24日にこのブランドを発表いたしました。

そして、発表と同時に新商品を販売開始です!

その名も「ダバードプリン」と「DaBirdSemifreddo(ダバードセミフレッド)」です!

1月24日のラディッシュセブンでのイベント「日南 漁師と農家のごちそうバル」で発表し、

一週間ほど店舗で販売させていただきましたが、大好評でした。

ダバードプリンは完売に次ぐ完売で、追加分を2回ほど納品しました!

予想を上回る販売ぶりにびっくり!

ダバードセミフレッドも、一度購入いただいたお客様が、早速のリピーターとなって、10個購入いただいたりと、

この寒い時期なのにかかわらず、たくさん購入いただきました!

ありがとうございました。

ダバードプリンは、イーナカフェ(宮崎市吉村町)

やお九州築地場外市場店にて販売中です。

ダバードセミフレッドは、南欧食堂ricoricoで提供しております!

近くにお立ち寄りの際は、ぜひ味見してみてください!

栄養ばっちり、低カロリー、低アレルギーのダバードの卵で作ったスイーツですので、

鶏卵アレルギーの方も是非お試しください!

ぜったい後悔させませんよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.02.19(水) 06:32:54

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

OstrichHAJIMEの古谷一紀です。

あれ?前回までとなんか違うんじゃない?

って方もいるんじゃないでしょうか?

ハイ。

今年から、かずき農園→OstrichHAJIME(オーストリッチはじめ)に改名いたしました!

今後とも宜しくお願いいたします。

さて今回は、ひな鳥についてです。

ダチョウのひなは、約1.5kgの卵から1kgで生まれてきます。

生まれてきてから、約三か月までは、非常に体が弱く、体がびしょ濡れになると、弱って死んでしまいます(悲)

なので、三か月までは、すべて屋根付きの畜舎。

太陽の光を入れてやると喜ぶので、そこんとこに苦労します。

それから、生まれて、一か月半までは、25℃程度から30℃くらいの暖かい場所じゃないと、これまた弱って死んでしまいます(悲)

一か月半までは、床暖房付きの畜舎で、ぽかぽかと過ごします。

かなり、贅沢な暮らしぶりです(笑)

さて、そんな雛たちも最初の6月13日に来てから、7か月が経とうとしています。

4か月~5か月で、人間の身長を追い越し、弱々しかった足は太く、強くなり。かなり大きくなりました。

はっきり言って手に負えません(笑)

ですが、手狭になってきたパドックから、広い新パドックへの移動しなきゃいけません!

目隠しをして、二人がかりでの移動です。

運搬途中で、座り込んで動かないやつや、走り出して止まらないやつ!

へとへとでした。

今では、広いパドックで走り回っています。

あと五か月後にはお肉用として出荷が待っていますが、どんだけ大きくなるのか。

すごく楽しみです!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.01.12(日) 07:42:42

ダチョウって寒さには弱いんじゃ?

こんにちは、かずき農園の古谷一紀です。

写真:ダチョウと一緒に!

今回はよく聞く「ダチョウって寒いとこ大丈夫なんですか?」ってことについてです!

結論から言うと、「大丈夫です!」

写真:いいね!をイメージしてとってみました(笑)

ダチョウはもともとアフリカ原産で、サバンナや砂漠で生活していて、 日較差(一日の温度差)が非常に大きい場所なんです。

なんでも、昼間は50℃、夜は氷点下なんてことがあるようです。

そんな、元々の厳しい環境のお陰で、日本の四季にも対応できるわけですね。

写真:ダチョウと紅葉した桜。この時期ですが、完全には落葉してません。

でも、筆者が思うには、やっぱり私達人間と同じで、 ダチョウもやっぱり寒くないほうがいいだろうと思います。

太陽の下でぽかぽかの陽気、雪も降らないこの日南という場所は、ダチョウを飼育するのに最高の場所なんではないかと思っています。

写真:朝日を浴びているダチョウさんたち。

そんな、いい土地で、太平洋からの朝日を浴びて、ぽかぽか。広いパドックでノビノビと元気に過ごしてほしいと思っております。

さて、かずき農園のダチョウさんたちスクスクと育ってます!

写真:ひなたぼっこするヒナたち。

次回は、成長途中のヒナについて書こうかなと思っております。お楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.12.23(月) 22:42:39

Ostrichって?

Ostrich(オーストリッチ)とは、ダチョウのことなんです。

雰囲気的にぜんぜん違うじゃん。と思っている筆者です。

写真:親鳥の走る姿。オスがオスを追いかけ回してるところです。

 

こんにちは。

かずき農園の古谷一紀です。

 

オーストリッチ(Ostrich)ってだたダチョウを英訳するだけなんですが、イメージ違いません?

やっぱりオーストリッチって言うと、高級バッグとかを思い浮かべますが、

ダチョウって言ったら、なんか暑い砂漠みたいなところにいるデカイ鳥。ッて感じがします。

でも、同じものです。

うーむ。不思議な感じがします。同じなのに同じでない!

さて、、今回はマニアックにいきましょう!

ダチョウの喧嘩についてです!

まずダチョウって喧嘩するんだ~。ってとこですが、

まさに喧嘩します。ハイ、今日も喧嘩を見学しました(笑)

産卵するようになって気性が荒くなってきてますね。

喧嘩シーンは、まず、

胸と胸をぶつけ合います。

で、ここからが面白いのですが、無茶苦茶蹴り合います。

蹴り合うってのも、後ろ蹴りを想像しますが、実は前蹴りです。

胸を蹴った時の音ってスゴイんですよ~。なんかドン!ドン!ドン!

みたいな感じです。

激しすぎて、絶対に巻き込まれたくないですね。

時速70㎞で走る体重100キロの足のケリ!

怖すぎです!

脚力も、持久力も半端ない!

写真:こんな可愛い顔して、何考えているんでしょうか?

さてさて、前回のブログで2月くらいから産卵すると書きましたが、

産みます!

産みます!

なんと産卵期が本格的に始まった!確証はないですが、ほぼ間違いないでしょう!

ワクワクですね~。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.12.19(木) 06:31:23

時速70㎞とは…

ダチョウが走るときの最高速度です。速いっすね~。

写真:かずき農園撮影 およそ6ヶ月齢の走る姿   成鳥の走る姿は撮影できませんでしたm(_ _)m

ってことで、こんにちは。

かずき農園の古谷一紀(ふるや かずき)です。

※かずき農園のネーミングが安直!ってツッコミはご遠慮ください

写真:帽子をダチョウに取られながらやっと撮影 ちなみにトラれた瞬間は↓

 

筆者は、宮崎県日南市北郷町でかずき農園を経営しダチョウを育ててます。

ダチョウって何なの?ってな人のために、Wikipediaから抜粋しましょう。

「オスの成鳥となると全長230cm、体重135kgにも達し、現生する鳥類では最大種である。 頭部は小型で、頸部は長く小さな羽毛に覆われている。飛行することは出来ない。ダチョウはを持っているが、竜骨突起がなく胸筋は貧弱である。また羽毛は羽軸を中心に左右対称でふわふわとしており、揚力を得て飛行する構造になっていない。肢(あし)は頑丈で発達している。(あしゆび)は大きなかぎ爪がついている中指と外指の2本で、3本指のエミューやレアと異なる。翼と尾の羽根が白く、オスの胴体の羽根は黒色。メスの胴体の羽毛は灰褐色である。」

となっています。

つまりこんな感じ

写真:目一杯手を伸ばして上から撮影 ちなみにオス♂

かずき農園がダチョウを飼育している理由は、ダチョウの肉、卵がとってもおいしいから!

時速70㎞で走るダチョウの肉ですから、ヘルシーなんですよね~。いいでしょ!

そして、低アレルギーの食品なのです。

肉アレルギーの人でも大丈夫!

卵アレルギーの人でも大丈夫!

写真:ダチョウの卵5個と鶏卵 卵は1個1.5kg

と、魅力いっぱいの食材なのです。

かずき農園では、ひろーいパドックでノビノビと元気に走り回っております。

そんなダチョウの肉の初出荷予定は来年6月。。。随分先だな。。。

でも、卵はすこしずつ産んでますよ~。来年2月からは本格出荷を予定してます。

お楽しみに♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.11.28(木) 13:00:32

PAGE TOP