かずき農園 農主 古谷一紀のブログ「時速70㎞!~かずき農園~」

古谷一紀

1984年(昭和59年)6月13日生まれ 現在29歳
宮崎生まれ、宮崎育ち
現在は建設業を脱サラし、日南市北郷町で100頭あまりの
ダチョウを飼育する、かずき農園を経営!
2014年1月にOstrich HAJIME(オーストリッチハジメ)に改名。

時速70㎞とは…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 時速70㎞とは…
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
時速70㎞とは…時速70㎞!~かずき農園~

ダチョウが走るときの最高速度です。速いっすね~。

写真:かずき農園撮影 およそ6ヶ月齢の走る姿   成鳥の走る姿は撮影できませんでしたm(_ _)m

ってことで、こんにちは。

かずき農園の古谷一紀(ふるや かずき)です。

※かずき農園のネーミングが安直!ってツッコミはご遠慮ください

写真:帽子をダチョウに取られながらやっと撮影 ちなみにトラれた瞬間は↓

 

筆者は、宮崎県日南市北郷町でかずき農園を経営しダチョウを育ててます。

ダチョウって何なの?ってな人のために、Wikipediaから抜粋しましょう。

「オスの成鳥となると全長230cm、体重135kgにも達し、現生する鳥類では最大種である。 頭部は小型で、頸部は長く小さな羽毛に覆われている。飛行することは出来ない。ダチョウはを持っているが、竜骨突起がなく胸筋は貧弱である。また羽毛は羽軸を中心に左右対称でふわふわとしており、揚力を得て飛行する構造になっていない。肢(あし)は頑丈で発達している。(あしゆび)は大きなかぎ爪がついている中指と外指の2本で、3本指のエミューやレアと異なる。翼と尾の羽根が白く、オスの胴体の羽根は黒色。メスの胴体の羽毛は灰褐色である。」

となっています。

つまりこんな感じ

写真:目一杯手を伸ばして上から撮影 ちなみにオス♂

かずき農園がダチョウを飼育している理由は、ダチョウの肉、卵がとってもおいしいから!

時速70㎞で走るダチョウの肉ですから、ヘルシーなんですよね~。いいでしょ!

そして、低アレルギーの食品なのです。

肉アレルギーの人でも大丈夫!

卵アレルギーの人でも大丈夫!

写真:ダチョウの卵5個と鶏卵 卵は1個1.5kg

と、魅力いっぱいの食材なのです。

かずき農園では、ひろーいパドックでノビノビと元気に走り回っております。

そんなダチョウの肉の初出荷予定は来年6月。。。随分先だな。。。

でも、卵はすこしずつ産んでますよ~。来年2月からは本格出荷を予定してます。

お楽しみに♪

更新日時:2013.11.28(木) 13:00:32

PAGE TOP