かずき農園 農主 古谷一紀のブログ「時速70㎞!~かずき農園~」

古谷一紀

1984年(昭和59年)6月13日生まれ 現在29歳
宮崎生まれ、宮崎育ち
現在は建設業を脱サラし、日南市北郷町で100頭あまりの
ダチョウを飼育する、かずき農園を経営!
2014年1月にOstrich HAJIME(オーストリッチハジメ)に改名。

ダチョウって寒さには弱いんじゃ?

こんにちは、かずき農園の古谷一紀です。

写真:ダチョウと一緒に!

今回はよく聞く「ダチョウって寒いとこ大丈夫なんですか?」ってことについてです!

結論から言うと、「大丈夫です!」

写真:いいね!をイメージしてとってみました(笑)

ダチョウはもともとアフリカ原産で、サバンナや砂漠で生活していて、 日較差(一日の温度差)が非常に大きい場所なんです。

なんでも、昼間は50℃、夜は氷点下なんてことがあるようです。

そんな、元々の厳しい環境のお陰で、日本の四季にも対応できるわけですね。

写真:ダチョウと紅葉した桜。この時期ですが、完全には落葉してません。

でも、筆者が思うには、やっぱり私達人間と同じで、 ダチョウもやっぱり寒くないほうがいいだろうと思います。

太陽の下でぽかぽかの陽気、雪も降らないこの日南という場所は、ダチョウを飼育するのに最高の場所なんではないかと思っています。

写真:朝日を浴びているダチョウさんたち。

そんな、いい土地で、太平洋からの朝日を浴びて、ぽかぽか。広いパドックでノビノビと元気に過ごしてほしいと思っております。

さて、かずき農園のダチョウさんたちスクスクと育ってます!

写真:ひなたぼっこするヒナたち。

次回は、成長途中のヒナについて書こうかなと思っております。お楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.12.23(月) 22:42:39

Ostrichって?

Ostrich(オーストリッチ)とは、ダチョウのことなんです。

雰囲気的にぜんぜん違うじゃん。と思っている筆者です。

写真:親鳥の走る姿。オスがオスを追いかけ回してるところです。

 

こんにちは。

かずき農園の古谷一紀です。

 

オーストリッチ(Ostrich)ってだたダチョウを英訳するだけなんですが、イメージ違いません?

やっぱりオーストリッチって言うと、高級バッグとかを思い浮かべますが、

ダチョウって言ったら、なんか暑い砂漠みたいなところにいるデカイ鳥。ッて感じがします。

でも、同じものです。

うーむ。不思議な感じがします。同じなのに同じでない!

さて、、今回はマニアックにいきましょう!

ダチョウの喧嘩についてです!

まずダチョウって喧嘩するんだ~。ってとこですが、

まさに喧嘩します。ハイ、今日も喧嘩を見学しました(笑)

産卵するようになって気性が荒くなってきてますね。

喧嘩シーンは、まず、

胸と胸をぶつけ合います。

で、ここからが面白いのですが、無茶苦茶蹴り合います。

蹴り合うってのも、後ろ蹴りを想像しますが、実は前蹴りです。

胸を蹴った時の音ってスゴイんですよ~。なんかドン!ドン!ドン!

みたいな感じです。

激しすぎて、絶対に巻き込まれたくないですね。

時速70㎞で走る体重100キロの足のケリ!

怖すぎです!

脚力も、持久力も半端ない!

写真:こんな可愛い顔して、何考えているんでしょうか?

さてさて、前回のブログで2月くらいから産卵すると書きましたが、

産みます!

産みます!

なんと産卵期が本格的に始まった!確証はないですが、ほぼ間違いないでしょう!

ワクワクですね~。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.12.19(木) 06:31:23

PAGE TOP