宮崎80’s!!

服部学

インターネット通販サイト「やお九州」で宮崎の安心安全な野菜や食材を販売。 東京に2店舗(世田谷下馬店、築地場外市場店)やお九州の直売店舗も運営。 宮崎、九州の魅力を、「食」を通して、発信中!
座右の銘は、「三方良し」生産者、消費者、社会を良くする商売を目指す!

直売所サミット!!(第1章 地域活性化は直売所から)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 直売所サミット!!(第1章 地域活性化は直売所から)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
直売所サミット!!(第1章 地域活性化は直売所から)宮崎80’s!!

<地産地消>

皆さんの近所には、直売所(道の駅)が、ありますか?

私は、毎朝「綾手つくりほんものセンター」に行くんですが、

朝早くから、生産者がやってきて野菜や加工品を並べています。

お客さんも多く来店して、朝から活気に溢れています。

※そのため午前中で、ものが無くなってしまうらしいです^ ^;

店長の梶山さんは、元気いっぱい!

生産者、お客さんから大人気^ ^!

 

生産者のお二人 旬な野菜を毎朝納品に来られてます^ ^

 

こちらの生産者も、毎朝新鮮な野菜を納品されています^ ^

納品のタイミングが合えば、生産者と会話をしながら、野菜を買う。

そういう風景がよく見られます。

「どういう風に食べるといいですか〜?」

「どんな味ですか〜?」

とか、普通のスーパーではないような風景ですよね。

また、ほんものセンターでは、店の前に座れるスペースを設けたり、

イベントなども行っています。

 

毎日、地元の生産者が作った野菜や加工品を、

地元の消費者が買いに来る。

道の駅なら、そこを通過する方々も、立ち寄り、購入していく場所です。

地産地消を体現できる場所です。

 

地元で生産し、地元で消費し、地元でお金が回る。

地生地消は、地元を活性化させる。

 

つまり、直売所を盛り上げれば、地域活性化に繋がりませんか?

皆さんは、直売所(道の駅)を日頃から利用していますか?

 

次回 第2章 直売所、道の駅のライバルって?

更新日時:2014.05.04(日) 19:59:36

PAGE TOP