堀川尚子のフォレストライフ~もろつか村~

堀川尚子

まちとムラを繋ぐグリーンツーリズムを推進する、一般社団法人 諸塚村観光協会に勤務。標高1,000級の山々に囲まれ、村の95%を山林が占め、人々がモザイク模様のように、あれもこれも兼ねながら暮らしている様子をお伝えします。

神楽のおもてなし

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神楽のおもてなし
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
神楽のおもてなしフォレストライフ~もろつか村~

諸塚村の東南に位置する荒谷公民館 戸下地区、神楽が伝承される集落のひとつです。今年は8年振りの大神楽で、50番の演目が奉納されます。

1月11日の太鼓の口開けから毎晩、舞の練習と「ザンゼツ」の準備が行われました。

ザンゼツとは、天照皇大神宮などの文字や動物や植物などの図案を切リ抜いた幣で、

大神楽の御神屋を飾るものです。東西南北と飾る方向が決まっていて、14種類各10枚が必要だそうです。

 その神楽の会場にもなる戸下集会場に隣接する、戸下加工グループ。

ここは平成12年に設立された村内で1番新しい加工グループで、神楽のおもてなしとしても喜ばれる漬け物が、特産品として製造されるようになりました。

平均年齢73歳という8名のお母さんたちが、自分たちの畑で採れる野菜で作る漬け物。

自慢の「みそ漬け」は、大根・人参・瓜・生姜・しそ・ごぼう・なた豆の7種類が入っていて、それぞれの野菜の最盛期に仕込まれ年間通して出荷されます。

 戸下加工グループの「はりはり漬け」は、柚子の風味が良い人気の品です。

どちらの商品にも大根がふんだんに使われていて、「漬け物の主役は大根」と加工グループの代表 綟川文子さんは言われます。

昔から神楽奉納の際には、婦人会が接待料理でおもてなしをし、その味は今でも伝えられています。それを支えるものは、この土地に生きるのの誇りと家族への愛。

村内の行事に参加するたびに、人々の団結力と直向きな女性の姿を目にし、それぞれの役目を果たしながらムラの伝承文化が守られているのだと感じます。

諸塚の神楽は観光客向けではなく、集落で守り伝えられてきた神聖なものです。ご参加される場合は、地元の習わしに添ってご参拝いただきますようお願いします。

いよいよ戸下大神楽当日になりました。今夜は県内外のお客様へのおもてなしが、戸下加工グループを始めとする婦人会の皆さんによって行われるのです。

☆特産品のお求めは「もろっこはうす」
http://www.morokkohouse.jp

☆観光情報「もろつかナビ」→http://www.morotsuka-tourism.jp

更新日時:2014.02.08(土) 14:00:44

PAGE TOP