空飛ぶフードアナリストの青空(sora)から

蔵や代表 河原真友子

横浜生まれ。
美味しいものが好き。食べることが好き。飲むのも好き。人に伝えることが好き。散歩が好き。旅が好き。本が好き。神話が好き。書く事が好き…。
たくさんの好きが集まってフードアナリストという仕事になりました。
空飛ぶフードアナリストとして、宮崎と横浜を行ったり来たり。2015年春、宮崎 食と農の県民会議 食育ティーチャー、宮崎応援隊に任命され、また蔵や代表として、宮崎の美味しいもの、素晴らしいものを発信中。毎月食に関わるセミナーや大人の食育講座『食の文化サロン』を開催し、好評を得ています。

2017年 如月 

今月24日、先月こちらでもお話しした

『世界で一つだけのmy箸作り』講座を無事、開催いたしました。

IMG_5389[1]

IMG_5390[1]

昼の部、夜の部合わせて11名の皆様にお越しいただき、

大変にぎやかな会となりました。

中には2回目参加の方もお二人。

皆さん、大変集中して作成してくださり

素敵なお箸ができました。

DSC04992 DSC04996 DSC04997 DSC04998 DSC04999 DSC05000 DSC04995 DSC04975 DSC04974 DSC04973

 

2013年に和食が世界無形文化遺産に登録。

また世界農業遺産では

1.トキと共生する佐渡の里山(2011)
2.能登の里山里海(2011)
3.静岡の茶草場農法(2013)
4.阿蘇の草原の維持と持続的農業(2013)
5.クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農
林水産循環 (2013)
6.清流長良川の鮎(2015)
7.みなべ・田辺の梅システム(2015)
8.高千穂郷・椎葉山地域の山間地農林業複合システム

(農林水産省 世界農業遺産パンフレットより)

の8地域が先進国で初めて認定されました。

2020年には東京オリンピック。

世界中からこの数年日本は注目されており、

外国人観光客も年々増加し、日本の食や文化を楽しみにやってこられます。

日本の伝統文化だけでなく、慣習や日常にも興味を持っていらっしゃることでしょう。

『箸』もその文化の一つだと思います。

少しでも自信をもって伝えられるように、

まずは自分が知ることですね。

お一人でも

一つでも

心に残る講座であったらと思っています。

また機会があったら開催したいです。

ご希望などありましたら、問合せくださいね。

 

さて明日からはもう3月。

希望をもって迎えたいと思います。

朝の空から

 

DSC05004

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2017.02.28(火) 10:00:27

PAGE TOP