おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

季節のことこと、コンフィチュール

たくさん、いい食材をいただくと保存食が作りたくなる。

春には柑橘のシロップ煮やピール、いちごのコンフィチュール…

梅雨時期は梅干し、梅酒、梅ジャム、梅シロップ…

夏にはブルーベリージャム、桃のコンポート、桑の実ジャム

秋には干し柿、栗の渋皮煮、栗ジャム…

冬にはかりんの酵素ジュース、オレンジピューレ…

ほかにもたくさん作りたいものはあって、いくらあっても時間がたりない!!

どれも手間と時間がかかるものだけど、一個一個の下処理をする時間とか、ことこと煮込む時間とか、きらいじゃない。

めんどくさいって思うときもあるけど、スイッチが入ると無心になれるし、できあがったものをどんなふうに料理するかを考えるとわくわくしてきます。

小さい頃、家の庭や畑には、いちじく、金柑、八朔、梅、柿、レモン、びわ、プラム、ゆずなど、実のなるものがたくさんありました。

大きくなってからは、祖父がいなくなり、祖母がいなくなり、いつのまにか実のなるものは、梅と柿とゆずくらいになりましたが。

誰もいなくなった今でも毎年、ちゃんと実がなります。

 

金柑シロップ

金柑・・・1kg

ビートグラニュー糖・・・500g

はちみつ・・・100g

バニラビーンズ・・・1/2本

梅酢・・・小さじ2

水・・・適量

ブランデー・・・大さじ1

①金柑はヘタを取り、おしり部分に十字に切り込みを入れる。

②米のとぎ汁を煮立て、①を入れて弱火で5分煮たら、ザルにあげて水洗いする。

③鍋に金柑とビートグラニュー糖、ハチミツ、梅酢と金柑がかぶるくらいの梅酢を入れて強火にし、沸騰したら落とし蓋をして、弱火で30分煮る。

④金柑が透き通っていたら、火を止めてブランデーを加え、そのまま冷ます。

柑橘のコンフィチュール

これは、いろんな柑橘で作ったコンフィチュール

今回は、八朔、金柑、メイヤーレモン、ライムで作ってみました。

トーストやパンケーキにかけても、アイスにかけても爽やかでとってもおいしいです。

次は何つくろう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.02.22(土) 23:12:22

レンズ豆のポタージュ

このレンズのような形をした豆

「レンズ豆」

レンズ豆は植物性食品の中では、最も優れたたんぱく質源。

鉄分も豊富で、その他の重要な栄養素を豊富に含んでいます。

脂質は、2%とほとんど含まれておらず、1カップで1日に必要な食物繊維の半分を含みます。

レンズ豆は、大きさも色々、色は黄色から赤、オレンジ、緑、黒、茶色など、様々な種類があります。

中でもよく見られるのは「緑レンズ豆」と「赤レンズ豆」

赤レンズ豆は、緑レンズ豆の皮をむいたものです。

水に戻さずにすぐ使え、短時間で煮えるので、煮込み料理や、スープ、カレーによく使われています。

レンズ豆を使ったスープのレシピをフード科のみなさんに考案してもらったのでご紹介。

「赤レンズ豆と豆乳のポタージュ」

材料:5人分

玉ねぎ            1個

赤レンズ豆    150g

にんじん      3cm

オリーブオイル   適量

豆乳        適量

ベジブロス    700cc

塩          適量

こしょう       適量

① 玉ねぎはみじん切り、にんじんは角切りにする。レンズ豆は洗ってざるにあげておく。

② 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、にんじんを炒める。

③ 野菜がしんなりしてきたら、ベジブロスとレンズ豆を加えて中火にし、沸騰したら弱火で煮る。

④ 豆がやわらかくなったら、火を止めてハンドブレンダーでなめらかになるまで撹拌する。

⑤ 豆乳を加えて、好みの濃さになるまでのばし、塩、こしょうで味をととのえる。

豆乳を加えてから、沸騰させると分離して、見た目と風味が悪くなるので気をつけてくださいね。

今回は、新玉ねぎを使ってみました。葉付きだったので、細かく刻んで玉ねぎと一緒に炒めて中に加えています。

かぜひきさんにもおすすめのスープですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.02.05(水) 22:13:16

PAGE TOP