おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

朝ごはん 

今年2014年は、朝ごはんブームらしい。。。

朝の時間を有意義にすごしたい。

朝活が広まり、カフェでもブレックファストメニューというのが充実してきているようです。

確かに、朝早く起きると、なんか得した気分になりますよね。

料理の仕事をしていると、満腹よりちょっとおなかがすいているぐらいの方が、てきぱき動けるということもあり、基本的に朝ごはんを食べずに、仕事に行くのがもう習慣になっているのですが、休日ぐらいは、朝ごはんを食べてゆっくり過ごしてみようかなと思います。

本屋さんに並んでいる本を見ても朝食を抜くと病気にならないとか、朝食の摂り方が大事とかさまざまです。

これは、人によって起きる時間も仕事内容も体力も全然違うので、朝ごはんを食べないと調子が悪くなるひともいれば、食べないと調子が良くなるひともいると思います。

明け方まで仕事で、夜中に夜食をとるひとは、朝ごはんは食べる気になれないかもしれないし、私がいつもお世話になっている農家さんはPM9時には就寝してAM5時には起床、朝ごはんを食べてそこから農作業というように、食べないと体力がもたないひともいます。

ごはんとごはんの間は、6時間はあけたほうがよいそうです。

って考えると朝食6時・昼食12時・夕食18時というのが、ベストなのだと思いますが、なかなかこんな規則正しくはむずかしいですよね。。。

それに朝6時に食べるには5時には起きて作り始めないといけないし。。。

最近、ブレックファストメニューが充実してきているみたいで、近くのパン屋さんhttp://bourouso-bonheur.com ブルソ・ボナールでも8時半から11時までの間だったかな?モーニングをしていました。そういうのを利用するのもいいかも!

私が、フード科の講師をしていた訓練校でも朝ごはんプロジェクトと題して、社員が、朝ごはんを作って皆で食べるという素敵な企画を定期的にしています。

朝ごはんっていったら

ごはんにみそ汁?

トーストにスープ?

パンケーキ?グラノーラ?フレンチトースト?

小さい頃、ごはんはいつもおじいちゃんが作ってくれていたのですが、平日は毎日、ぐだぐだに煮た汁が少なくて野菜がたっぷりのみそ汁に卵を入れて、半熟にしたものとまっ白いごはんが出てきて飽きて食べられなかったのを思い出します(笑)

なぜか、土日はトーストにたっぷりバターと蜂蜜をぬって、コーヒー牛乳につけて食べるのがおじいちゃんの習慣でした。。。

そのせいか、みそ汁はいつも同じ味にならないように野菜を変えたり、だしを変えたり、みそを変えたり工夫するようになりました。

日本の朝ごはんっていったら、みそ汁とごはんに焼き魚っていうイメージ!

だけど、手軽でおしゃれなのはパンケーキとかフレンチトーストかな

 高校卒業して大阪で一人暮らしを始めるときに初めて自分で買った有本葉子さんの料理本に載っていたフレンチトーストを当時はよく作っていました。

今回は、豆乳1/3カップと有精卵1個、てん菜糖大さじ1を合わせたものに胚芽食パンをしみ込ませて油を熱したフライパンで両面こんがり、焼きました。

上から、手作りの桑の実ジャムと豆乳をクリーマーで泡立てたもの、メープルシロップをたっぷりかけて。

いつでも食べれて、手軽なのは、グラノーラ

写真は、6月のお菓子教室でも作るモカグラノーラ

オーガニックコーヒーを絡めたほろ苦い大人のグラノーラです。

豆乳をかけると、コーヒー味がおいしい

食物繊維の豊富なオートミールや全粒粉、ドライフルーツ、ナッツがたっぷりで、てん菜糖のやさしい甘みのグラノーラは朝食にもおすすめ

朝スープもほっとしていいかも

 

でも、何といっても 朝ごはん食べるなら、やっぱり早起きしないと!?

朝活、私も明日から初めてみようかな。。。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.05.30(金) 22:14:28

古民家のおもてなし料理

ある日の休日、佐土原にある古民家「DACOTA」カフェに行ってきました。

行くのは、2度目です。

目印になるものがあまりないので、たどり着くまでにちょっと迷いつつ。。。

明るくて元気なフードコーディネーターの奥さんと笑顔が素敵なインテリアコーディネーターの旦那さんのご夫婦

お昼も遅い時間に行ったのに、カウンターまでお客さんでにぎわっていました。

前菜から、焼きナスとヨーグルトのパテにごぼうの竜田揚げ オムレツと揚げ野菜のマリネ

メインは、男性にもうれしい3〜4品の中から選べるがっつりごはん

この日は、手作りしゅうまいと
鶏のバルサミコ酢のソテー

そして、本日のデザート

ポピーシードとプルーンのケーキ 紅茶かコーヒーが選べます。

囲炉裏で真っ黒になりいい味を出している立派な梁

裏側が三角になっていてコーナーにぴったりになるような作りで、お店の雰囲気にとても合うアンティークの食器棚

フードコーディーネーターのわかなさんが、撮影用に修行時代から集めたという器の数々

いろいろな用途の土鍋

確か、カレー用と。。。なんだったかな。。。

器は、日南の作家さんのものもありました。

食事が終わり、少しお話をさせていただきました。

その話の中で、

「レシピ本、出したりしないの?」

と聞かれ、

ちょうどその日、食事中の会話の中で

「やっぱり、いつか、お菓子の料理本を出したいな。そのために少しずつ、今までのレシピを写真にしてファイリングしていかないとな〜。」

という話をしていた矢先のことだったので、びっくりしたのですが

私が、いつか出したいと思ってるという話をすると

「編集長とか知り合いいるから、相談してね。」と

おすすめの出版社なども教えてくださいました。

以前、わかなさんも小さいお子さんをもつお母さんたちで離乳食の本を出されたことがあるそうです。

帰りの車の中、本のイメージを膨らませながら

素敵な出会いに感謝です。

〒880-0301

宮崎市佐土原町上田島5834番地

TEL:0985-89-4844

facebook ダコタ-Dacota

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.05.07(水) 23:38:28

花とハーブとお菓子

以前、教室の生徒さんから素敵なお花屋さんがあると聞き、いつか行ってみたいと思っていました。そしたら、友達から行きたい花屋さんがあると誘われ、それが同じお店だとわかり、

「Lierre」リエール

というかわいい花と雑貨、カフェの小さなお店に先日、行ってきました。

お店の外には、アンティーク調の素焼きの鉢とミニバラやパセリ、ミント、レモンバームなどのハーブのポットが並べられていました。

中に入ると、淡い色のめずらしい花が並び、隣の部屋にはリネンやコットンの洋服、小さなカウンターには、コーヒーやお菓子が楽しめるカフェスペース

普通のバラと違って、ほったらかしでも大丈夫と聞き、ミニバラと素焼きの鉢を買って、帰りにハンズマンでボラ土と培養土を買ってベランダで鉢に植えかえ作業をしました。

冬になって花が終わったら、一度全部切ってそのまま暖かい季節を迎えるとまた咲くらしい。

「植物は、手をかけてあげただけちゃんと答えてくれるからね。」

きっと、いつも食べている農家さんが手塩にかけて作ってくれるお野菜もお米もどれだけ手間ひまかけられて作られているんだろうなって、つくづく思いました。

先週もらったローズマリーも鉢植えにしたいと思って、また、素焼きの鉢を見にリエールへ

ミニバラを植えた鉢と色違いの鉢にすることに

 

お花もかわいくて、思わず目を引くような鮮やかな色のしゃくやくや淡いピンクと紫のトルコキキョウ、緑色のアジサイ。

今まで、花はすぐ枯れてしまうし、観葉植物の方がいいなって思っていましたが、ほんの数日の美しい花を楽しむ暮らしもいいのかもしれない。

でも、食べれるのが一番いいなぁ。。。笑

料理に使うパセリやローズマリーは、ベランダの鉢からちょっと摘んできて

これからの時期だと、バジルとかしそとか

私の好きなローズマリーのクッキーもすぐに作れる!!

《ローズマリーアーモンドサブレ》

A【薄力粉・・・160g 全粒薄力粉・・・50g アーモンドパウダー・・・110g         ベーキングパウダー・・・小さじ1/4 自然塩・・・小さじ1/2】

B【オートミール・・・120g ローズマリー・・・大さじ2(生葉を刻んだもの)】

C【菜種油・・・90㏄   メープルシロップ・・・120cc バニラエキストラクト・・・小さじ1

1.の粉類を合わせてふるいにかけ、Bのオートミールと刻んだローズマリーも加えてよく混ぜ合わせる。

2.別のボウルにCの材料を合わせて乳化するまで泡立て器でよく混ぜる。

3.2を1に加えてゴムべらでさっくり切り混ぜる。

4.3の生地を等分して丸め、平にのばしてオーブンシートを敷いた天板の上に並べる。

5.170℃に熱したオーブンで10分、160℃に下げて10分~15分ほどきつね色になるまで色よく焼く。

 

Lierreでは、お誕生日やお祝いにブーケやアレンジを贈る方のイメージに合ったお花でデザインしてくれるそうです。日常のお花からウェディングブーケまで。

今は、ちょうど母の日のお花のアレンジの予約を受付けているそうです。

月に1回のお花の教室は、毎年2月から募集して4月から1年間習うことができます。

宮崎市佐土原町上田島1806−1

TEL:0985-74-0129

Open 10:00~19:00(日・祝日18:00)月・水・金はお花の仕入れのため13:00〜

定休日 火曜日

http://lierre2001.exblog.jp

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.05.01(木) 11:22:30

PAGE TOP