おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

花とハーブとお菓子

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 花とハーブとお菓子
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
花とハーブとお菓子おいしい暮らし

以前、教室の生徒さんから素敵なお花屋さんがあると聞き、いつか行ってみたいと思っていました。そしたら、友達から行きたい花屋さんがあると誘われ、それが同じお店だとわかり、

「Lierre」リエール

というかわいい花と雑貨、カフェの小さなお店に先日、行ってきました。

お店の外には、アンティーク調の素焼きの鉢とミニバラやパセリ、ミント、レモンバームなどのハーブのポットが並べられていました。

中に入ると、淡い色のめずらしい花が並び、隣の部屋にはリネンやコットンの洋服、小さなカウンターには、コーヒーやお菓子が楽しめるカフェスペース

普通のバラと違って、ほったらかしでも大丈夫と聞き、ミニバラと素焼きの鉢を買って、帰りにハンズマンでボラ土と培養土を買ってベランダで鉢に植えかえ作業をしました。

冬になって花が終わったら、一度全部切ってそのまま暖かい季節を迎えるとまた咲くらしい。

「植物は、手をかけてあげただけちゃんと答えてくれるからね。」

きっと、いつも食べている農家さんが手塩にかけて作ってくれるお野菜もお米もどれだけ手間ひまかけられて作られているんだろうなって、つくづく思いました。

先週もらったローズマリーも鉢植えにしたいと思って、また、素焼きの鉢を見にリエールへ

ミニバラを植えた鉢と色違いの鉢にすることに

 

お花もかわいくて、思わず目を引くような鮮やかな色のしゃくやくや淡いピンクと紫のトルコキキョウ、緑色のアジサイ。

今まで、花はすぐ枯れてしまうし、観葉植物の方がいいなって思っていましたが、ほんの数日の美しい花を楽しむ暮らしもいいのかもしれない。

でも、食べれるのが一番いいなぁ。。。笑

料理に使うパセリやローズマリーは、ベランダの鉢からちょっと摘んできて

これからの時期だと、バジルとかしそとか

私の好きなローズマリーのクッキーもすぐに作れる!!

《ローズマリーアーモンドサブレ》

A【薄力粉・・・160g 全粒薄力粉・・・50g アーモンドパウダー・・・110g         ベーキングパウダー・・・小さじ1/4 自然塩・・・小さじ1/2】

B【オートミール・・・120g ローズマリー・・・大さじ2(生葉を刻んだもの)】

C【菜種油・・・90㏄   メープルシロップ・・・120cc バニラエキストラクト・・・小さじ1

1.の粉類を合わせてふるいにかけ、Bのオートミールと刻んだローズマリーも加えてよく混ぜ合わせる。

2.別のボウルにCの材料を合わせて乳化するまで泡立て器でよく混ぜる。

3.2を1に加えてゴムべらでさっくり切り混ぜる。

4.3の生地を等分して丸め、平にのばしてオーブンシートを敷いた天板の上に並べる。

5.170℃に熱したオーブンで10分、160℃に下げて10分~15分ほどきつね色になるまで色よく焼く。

 

Lierreでは、お誕生日やお祝いにブーケやアレンジを贈る方のイメージに合ったお花でデザインしてくれるそうです。日常のお花からウェディングブーケまで。

今は、ちょうど母の日のお花のアレンジの予約を受付けているそうです。

月に1回のお花の教室は、毎年2月から募集して4月から1年間習うことができます。

宮崎市佐土原町上田島1806−1

TEL:0985-74-0129

Open 10:00~19:00(日・祝日18:00)月・水・金はお花の仕入れのため13:00〜

定休日 火曜日

http://lierre2001.exblog.jp

 

 

 

 

 

更新日時:2014.05.01(木) 11:22:30

PAGE TOP