おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

りんご

以前、長野県に旅行したときのこと

ちょうど、今ぐらいの季節で、

真っ赤なりんごがたわわになった木々を見て、

車を走らせながら感動したのを思い出します。

宮崎にいるとあまり見ない風景です。

りんご。

と一口に言ってもその種類は、さまざま

9月〜10月にかけて紅玉が旬を迎えます。

小ぶりで、真っ赤な紅玉はほどよく酸味があり、果実も固すぎず、やわらかすぎず、

ケーキに焼き込んだり、アップルパイにしたり、ジャムにしたり、

どんなお菓子にもよく合います。

スポットという黒い斑点が出てきたら食べ頃

宮崎の9月〜10月はまだまだ暑いの日が多いので、常温で置いておくとあっという間に傷んでしまいます。

新聞紙などに包んで野菜室で保存するのがおすすめ。

私は、アップルパイ用に休みの日にまとめて煮て、冷凍しておきます。

皮ごと煮るととても可愛いピンク色に

試しにバニラビーンズを入れてビートグラニュー糖で煮てみました。

ジャムにはいいけど、シナモンとカルヴァドス(りんごのブランデー)をきかせた方が、アップルパイには合う気がしました。

紅玉は、もう終わりを迎えるのでこれからだとふじで作ったり、

蜜がたっぷりのふじりんごは、しゃくっと口に入れたときの食感と甘くてジューシーな果汁が、

おいしいのでそのまま食べるのがいちばんですけどね。

最近の私のお気に入りのレシピ

「アップルシナモントースト」

厚めに切った食パンを軽くトーストして、ココナッツバターを塗り、薄くスライスしたりんごを上に並べて、

再びトーストします。

くるみを散らして、好みでシナモンとメープルシロップやハチミツなどをかけると

おしゃれでおいしい朝食やおやつのできあがりです。

ココナッツバターは、エキストラバージンのものが香りもよくおすすめです。

小松菜とりんご、バナナをざく切りにし、豆乳、メープルシロップを適量入れてミキサーにかけたスムージーといっしょに

ちょっとだけ、贅沢な時間

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.11.02(日) 11:12:37

PAGE TOP