おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

手仕事。保存食。いろいろコンポート。

7月ももう終わりですね。

夏休みに入り、小学生の頃を思い出すとラジオ体操とか、プールとか

一日中、何をするでもなく過ごし、終わり間近になると、夏休みの宿題や絵画や、工作、研究課題などに追われる日々。。。

直前でバタバタ、それは、今でも変わりませんが。。笑

うちの子どもは、水遊びが大好き!まだ、プールでは泳げないので、小さなプールに水をはって、出たり入ったり、ぴちゃぴちゃするのがお気に入りです。

大人になると、こんな暑い日は、涼しい家の中で過ごして、のんぴり手仕事なんかしたいな〜と思います。

なかなかそんな時間はなく、毎日があっという間に過ぎていくのですが、いつか庭に実のなる木を植えて、お菓子作りだったり、保存食作りだったり、楽しみたいというのが理想。

小さい頃、祖父母の家の庭は、大きな梅の木、柿の木、レモンの木、いちじくの木、山椒の木、近くの畑にもはっさくや金柑、キウイ、びわ、プラムなど、実のなる木がたくさんあり、それがあたり前だと思っていました。

今となると、庭が、果物の宝庫だったのだと感じます。

毎年、祖母は梅干しや、らっきょう、プラム酒にびわ酒、梅酒、干し柿など、手仕事が好きでした。毎日のご飯は、祖父専門でしたが、畑から採ってきた泥つきの新鮮な野菜を料理してくれました。

懐かしい思い出です。

今年は、完熟梅をいただいたので、梅ジャムを作りました。

夏の野菜や果物は、水分が多く、傷みやすいので保存がきくように少しだけ手をかけてあげます。

青じそは、しょうゆ漬けや塩漬けにしておくと、おにぎりに巻いたり、刻んでごはんに混ぜ込んだりと重宝します。

トマトも家族が食べないので、たくさんいただいたときは、低温のオーブンでセミドライトマトにしておけば、少しずつ食べたいときに楽しめます。

手仕事、保存食作りは、ちょっと時間がないし、大変と感じる方には、10分でできる、コンポートがおすすめ!

桃のコンポートやいちじくのコンポート、トマトやぶどう、なんでもコンポートにできます。

IMG_7565

桃のコンポート

桃…2個  水…400cc  ビートグラニュー糖…80g レモン汁…大さじ1

1.鍋に、分量の水とビートグラニュー糖、レモン汁を入れて煮立たせ、火を止める。
2.桃は、沸騰したお湯に皮ごと入れてすぐに氷水にあて、皮をむき、すぐに1の鍋に皮も一緒に入れる。(皮を入れることで液がきれいなピンク色になる)
3.再び、火にかけて沸騰したら弱火で約8〜10分煮る。そのまま粗熱を取る。

残った白ワインを使ったり、赤ワインを使ったり、りんごジュースでもおいしくできます。

バニラビーンズを入れると香りがとってもよくなりますよ。

IMG_7549

コンポートにした残りの液は、冷してそのまま飲んだり、寒天と葛粉で固めてゼリーにしたり。

バットに移して冷凍庫に入れて、シャリシャリになるまで、1時間ごとに混ぜたら、きんきんに冷やしたグラスに入れて、おしゃれなグラニテのできあがり。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2016.07.31(日) 15:59:54

PAGE TOP