おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

シナモンロールの日

10月4日は、シナモンロールの日。

というのを記事で読み、1年以上前、cocoroさんの手ごねパン教室で習ったシナモンロールを焼きたくなり、レシピを開きました。

記憶をたどりながら、入念にレシピと自分で記入した説明書きや絵図を見て、頭の中でシュミレーションし、材料を計っていく。。。

かもめ食堂のシナモンロールが作りたくて、パン教室でリクエストし、教えてもらったのにあれから一度も作っていませんでした。

お菓子と違って、パンは、湿度や温度、発酵のタイミング、粉の違いで焼き上がりがダイレクトに変わってくるので、なんか私の中で敷居が高く感じていました。

都城市の植村さんが作っている、化学肥料や農薬を使用していない強力粉、

卵は、綾の山口さんが毎週金曜日にお野菜と一緒に配達してくれる自然卵を、

てん菜糖とサフのドライイーストで

北欧レシピでは、生地にカルダモンを刻んで入れるらしい。

飯島奈美さんのレシピでは、カルダモン12粒、皮をむいて粗挽きくろこしょうぐらいに刻むとかいてあったので、半分量だから、6粒ぐらいかな。

とカルダモンの皮をむいて種を6粒、刻んで加えることに。

後から確認したら、カルダモンの種ではなくカルダモン6粒だったのですが。。。

生地をひとまとめにして一次発酵

2倍くらいの大きさに膨らんだら、ガス抜きをしてベンチタイム。

生地を長方形にのばしてシナモンパウダーとグラニュー糖を全体にまぶしてくるくる。。。

材料はあったものの、家でお菓子を作ることがあまりないので型や道具は、ほとんど職場に置いているため、めん棒がない!

代用品・・・ラップの芯は?

ということで、生地にラップをしてラップで伸ばすことに

くるくる巻いた生地をカードで台形に5等分する。

あっ、最初の切り込みをまちがえた。。。

結局小さいのやら大きいのやら、形はいびつでしたがそのまま焼くことに。

今度は、オーブンシートがない〜

仕方ないので、A4用紙の上にのせて焼こう。

なんとか工夫しながら、シナモンロールが出来上がりました。

シナモンのいい香りが、リビングに広がり幸せな気分になります。

A4用紙では、ぴったりと生地がはり付いてきれいに取れなかったので、オーブンシートじゃないとだめだなぁと痛感しながら、

焼き立てを、ぱくり

植村さんの強力粉で作ったシナモンロールは、もっちりしていてとてもおいしく仕上がりました。

道具がなくても工夫次第でなんとかなるもんですね。

 

10月から産休に入り、7年間続けてきたお菓子教室をしばらくお休みすることになりました。

9月の教室で、シナモンクッキーが習いたいというリクエストをいただいたので、

こちらでご紹介します。

 

シナモンクッキー

 

A【薄力粉・・・300g シナモンパウダー・・・6g アーモンドスライス・・・35g

ベーキングパウダー・・・小さじ1/2+小さじ1/4 塩・・・少々】

B【菜種油・・・95g てん菜糖シロップ・・・80g メープルシロップ・・・20g

豆乳・・・35g〜】

ビートグラニュー糖・・・適量

①Aの粉類は、ふるいにかけて合わせる。

②Bの材料は、ボウルに入れて泡立て器でよく混ぜ、①に加えてゴムベラで粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜる。

③ラップの上に生地を置いて包み、手で形を作りながら棒状に仕上げ、冷凍庫で冷やし固める。

④③が固まったらラップを取り除いて表面にハケで豆乳を塗り、グラニュー糖をまぶす。

⑤1cmの厚さに切り、オーブンシートを敷いた天板に並べる。

⑥170℃に予熱したオーブンで25〜30分焼く。

シナモンやアーモンドスライスの量は、好みで調節してください。

 

今回、合わせた飲み物は

”世界で一番香り高く、おいしい幻の紅茶”

といわれている

「Temi Tea」

100%オーガニック栽培で、生産量がダージリンの紅茶の1/76と少ないため、幻の紅茶といわれているそうです。

蒸らし時間も、他の紅茶に比べると1〜1分30秒と短く

すっきりと上品な味わいです。

こちらは、ひむか村の宝箱で販売されているもの。

シナモンクッキーとよく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.10.05(日) 01:42:20

秋の食材

9月に入り、朝晩肌寒くなってきました。

秋は、食材の宝庫。

四季の中でいちばん手仕事が多くなる季節。

わたしの大好きな栗です。

去年は、栗拾いに小林まで行き、初めて栗の収穫をしました。

大粒で、ほくほくした栗を口にほおばるのはまさに至福のとき。

虫に食べられてしまうと風味も食感も悪くなるので、スピードが大事です。

収穫したら、その日か次の日のうちに下処理をします。

一粒一粒、鬼皮と渋皮を剥くのには、毎年やっていても時間がかかりますが、黙々とやっている時間は、意外ときらいではありません。

毎年作る栗の渋皮煮や、圧力鍋で蒸して、実をくりぬいたものを冷凍しておき、ジャムや栗のスープ、コロッケ、お菓子に。

一年中、栗を楽しみたいと今の時期にいろいろ加工してはみるものの、やっぱり、この時期にいただくのがいちばんおいしいと最近思うようになりました。

他にも秋は、梨や、いちじく、ぶどう、プラム、柿など果物も豊富に生ります。

お菓子教室では、梨のケーキをしましたが、りんごとは違う食感でしっとりしたケーキに仕上がりました。

栗の渋皮煮

栗・・・2kg

てん菜糖(ビートグラニュー糖)・・・1kg

重曹・・・大さじ3

しょうゆ・・・大さじ1

ブランデー・・・大さじ1

 

①栗は、皮を剥きやすくするため、熱湯に30分ほど浸けておく。

②栗のおしりの方から、ペティナイフなどを使って渋皮を傷つけないように気をつけながら鬼皮を剥く。

③大きめの鍋に栗とひたひたの水、重曹大さじ1を入れて火にかける。沸騰したら、弱火にして15分煮る。一度、ザルにあげて再び、くりを鍋に戻し、ひたひたの水と重曹大さじ1を加えて、再び火にかける。沸騰したら、弱火で5分煮る。もう一度これをくり返す。

④栗をザルにあげて、ひとつひとつ流水でていねいに洗う。(固い筋などは、取り除く)

⑤鍋に栗とひたひたより少なめの水を入れて、栗がやわらかくなるまで5〜10分煮る。

⑥⑤にてん菜糖500gを入れて15分煮る。

⑦残りのてん菜糖500gを入れて15〜20分煮、しょうゆ大さじ1を加えて5分ほど、弱火で煮たら火を止める。

⑧ブランデー大さじ1を加えて、すぐにふたをし、そのまま一晩おく。

⑨粗熱が取れたら、汁ごと保存容器に移し冷蔵庫で保存する。(長く楽しみたい場合は、小分けにして保存袋に入れ、冷凍する。

 

マロンジャム

むき栗・・・200g

ビートグラニュー糖・・・60g〜

ラム酒・・・大さじ1

①栗を鍋に入れて、ひたひたの水を加えて火にかける。

②弱火でふたをして10分ことこと煮る。

③火からおろして、ミキサーでなめらかになるまで撹拌する。

④③にビートグラニュー糖、ラム酒を加えて好みの固さになるまで火にかける。(冷めると多少固くなるのであまり、水分をとばしすぎないようにする)

⑤沸騰消毒した瓶に入れて保存する。

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.09.25(木) 22:56:53

チャイ

わたしの好きな飲み物のひとつ

"チャイ”

先日、作家さんの器も楽しめる、コーヒーと紅茶のおいしいお店

cafe KUNUGI–クヌギ−

へ行ってきました。

1階に陶磁器のお店、「櫟屋」さんがあり、その3階がカフェになっています。

たくさんの紅茶やコーヒーのメニューの中から、いただいたのは「マサラチャイ」

素敵な淡い緑のカップにいれてくれました。

自家製のトーストにバナナとメープルシロップをのせた、”メープルバナナトースト”だったかな??

と一緒に。

お店の中は、コーヒーの香りと紅茶の香り、パンの発酵する香り、スパイスの香りが漂い、とても幸せな気分になります。

カルダモンやクローブ、シナモン、ジンジャーなどのスパイスをきかせて

暑い夏はカルダモンが体温を下げ、寒い冬にはジンジャーが体を温めてくれます。

初めてチャイを飲んだのは、Afternoon tea room のカフェだったような。

インドでは、素焼きのチャイボウルでチャイを飲み、そのまま地面に落として土に返す。

というのを本で読み、その当時、売られていた素焼きのカフェボウルを買って結局ほとんど使わないままでしたが。

チャイは、おっきなカップに入れてたっぷり飲みたいといつも思います。

チャイといっても、飲まれる国ごとにその個性はさまざまです。

日本でチャイといえばインドのマサラチャイ

茶葉にスパイスを加えて煮出したミルクティーです。

茶葉はダストと呼ばれる粉状の茶葉が使われるが、日本ではアッサムのCTCがよく使われます。

チャイにかかせないスパイス

手軽にミックススパイスパウダーを使って作るのもいいけど

本格的にスパイスシードやホールを砕いて作るチャイは、スパイスの香りも格別です。

今回使ったのは、VOXのオーガニックスパイス。

カルダモンとクローブ、ジンジャーをきかせた爽快感のある北インド風のカルカッタチャイです。

あまりなじみはありませんが、ローストしたココナッツと黒こしょう、赤唐辛子で刺激を与える南インド風のブレンド、ケラーラチャイというのもあるそうですよ。

少し多めに作って何日か楽しむのもいいですね。

豆乳チャイ(2杯分)

紅茶の茶葉(アッサム)・・・8g

カルダモン・・・4個

クローブ・・・2個

シナモンスティック・・・1本

レモングラス・・・少々

ショウガスライス・・・2〜3枚

てんさい糖・・・12g

水・・・200cc

豆乳・・・200cc

メープルシロップ(好みで)・・・適量

①鍋に分量の水、つぶしたカルダモン、クローブ、細かく割ったシナモン、ショウガスライスを入れて強火にかけて沸騰させる。

②中火にして3cm長さに切ったレモングラスを入れて2分たったら、紅茶の茶葉を加え、1分ほど煮出す。

③豆乳、てんさい糖を入れて混ぜながら煮る。沸騰させないように注意する。

④火を止めて茶こしで濃す。

好みでメープルシロップを入れるとやさしい味わいになります。

シナモンが好きな私は、最後にシナモンパウダーをかけて香りを楽しみます。

シナモンは、冷えからくる腹痛や関節痛などの痛みを和らげてくれます。また、胃腸を温め、脾の働きを消化機能を高めるので食欲がないときにもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.08.31(日) 21:32:46

便利な道具

品種は

”おおもの”

島原から届く、ともときファームのスイートコーン

旬は、ほんの半月足らず

スイーツのように甘くておいしい

ほんとは、とれたてがいちばんなんだけど

夏の間、楽しむために皮を剥いてチャック付き袋に入れてそのまま冷凍庫へ

すこしずつ、色んな料理が楽しめます。

夏は、するっと喉を通るスープが、おすすめ

とうもろこしのスープ

①半解凍したトウモロコシの実(2本分)をナイフで切り取り、ミキサーに入れる。

②豆乳(200ml)を加えて、よく撹拌する。

③トウモロコシの芯は、鍋に入れて水400mlといっしょに火にかけ、トウモロコシの甘み が出るまでことこと煮る。

④③の芯を取り出し、鍋に②を入れて混ぜ、こし器でこす。

④を鍋に戻して、温め、塩で味をととのえる。

スープをこすのに、ずっと棚の中で眠っていたこし器を久しぶりに取り出してみました。

実は、これトマトソース用のこし器

昨年、たくさんの完熟梅をいただき、梅ジャムを作るのにこすのが少しでも楽にできればと買ったもの

それ以来、使ってなかったけれど改めて便利な道具だと感じました。

これからは、もっと活用しよう。。。

 

マトファーのレモンゼスター

お菓子にレモンの皮が入るレシピがありますが、すりおろすのがめんどくさいので

私はいつもこのレモンゼスターですませます。

表面の皮だけきれいに取ってくれるので白い部分が入って苦くなることもなく、デコレートするのにも便利

レモンなどの皮を剥くためだけの道具ですが、活躍してくれます。

 

ごまいり器

あれは、何年前でしょう。。

熊本南阿蘇へ

料理家のかるべけいこさんの料理教室に行ったときのこと

昔ながらのつくりの土間のある家

小豆玄米ごはんに添える黒ごま塩の作り方を習いました。

そのときに登場したのが、京都金つじのごまいり器

左利きのかるべさんは左利き用のごまいり器を愛用していました。

生ごまから炒って作る黒ごまと天草の天日塩で作る黒ごま塩のおいしさに感動!!

炒りごまでも軽く炒って使うと香ばしさが全然違います。

つい、省いてしまう工程ですが、これがあればすぐに炒れるからいいかも!!

と思いつつ、そのまま

それからしばらくして、旅行先の福岡で見つけたとき思わず手に取っていました。

登場回数も少なく、まだ、使いこなせているとは言えませんが、

あってよかったって思える道具のひとつになるはず!!

 

買ってはみたけれど結局使わなくて人にあげたり、処分した道具もたくさんありますが、

それをくり返しながら、

私の道具選びは、まだまだこれからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.08.22(金) 16:58:09

ジャムとコンフィチュール

最近、フルーツを煮詰めて瓶詰めしてあるものをジャムではなく、コンフィチュールという言い方で耳にするようになりました。

単純にジャムは、英語でコンフィチュールがフランス語の呼び方なんだと解釈していましたが、調べてみると作り方と語源に若干意味の違いがあることに

英語(jam)語源「ぎっしり詰め込む」

形状的にも凝固したイメージで、果物を煮込んでペクチンによってゼリー化させたもの

フランス語のコンフィチュールのコンフィ(cinfit)語源「保存の芸術」

調理用語で食材を風味よく保存する、長く保存するための調理技術

砂糖で果汁を侵出させ、果汁だけを煮詰めた後に果肉をつけるのがもともとの昔ながらの製法のようです。

つまり、ジャムは果物を煮込んで作るのに対し、コンフィチュールは漬け込んで作るという作り方の違いがあるのだということがわかりました。

また、コンフィチュールには果物以外に野菜、お酒、スパイスなどの素材も使われます。

本場のフランスのコンフィチュール専門店では100種類以上もあるというほど

その素材の組み合わせは無限で料理にもソースとして使用されるなど、とても幅広く、コンフィチュールは、フランスでは調味料のような位置づけなのかもしれません。

ジャムは、果物にたっぷりの砂糖(半量〜同量)を加え、レモン汁を入れて長時間果物の形がなくなりとろみがつくまで煮込むというのが一般的な作られ方だと思いますが、コンフィチュールは、加える砂糖の量もジャムより少なく、果物の固形を残したソース状のものというイメージ

冷凍庫にぎっしり詰まった冷凍フルーツでいぐりもものジャムとびわとメロンのコンフィチュールを作ってみました。

びわの種の焼酎漬けを作るために種と皮を取って実だけを冷凍したものと、いただきもののメロンを冷凍したものがあったので。。。

びわとメロンのコンフィチュール

びわ(冷凍)・・・350g

メロン(冷凍)・・・150g

てん菜糖(ビートグラニュー糖)・・・300g

レモン汁・・・1/2個分

バニラビーンズ・・・1本

①冷凍びわとメロンは少し常温において、解凍されないうちに5mm角に切る。

②鍋に①と砂糖、レモン汁、縦に切り込みを入れたバニラビーンズを入れて1〜2時間ほどおく。

③②を中火にかけてあくを取りながら、少しとろっとしてくるまで煮詰める。

④熱いうちに沸騰消毒した瓶に詰めて保存する。

 

いぐりもものジャム

完熟したいぐりもも(皮と種まるごと冷凍したもの)・・・500g

ビートグラニュー糖・・・350〜450g

レモン汁・・・1/2個分

①いぐりももとグラニュー糖、レモン汁をボウルに入れてよくすり混ぜ、水分がでるまでしばらくおく。

②①を鍋に入れて、中火にかける。あくを取りながら、しばらく煮詰めると皮がはじけて果肉がつぶれてくるのでときどきへらでつぶしながら、煮詰める。

③水分が少なくなり、とろみがついてきたら目の洗いザルでこし、種を取り除く(このときザルに残った果肉は戻す)。

④いぐりももは酸味が強いので、味をみて砂糖の量をたす(砂糖をたす場合は、再度火にかけて砂糖を溶かす)。

⑤熱いうちに沸騰消毒した瓶に詰めて保存する。

 

パンにぬって、ヨーグルトにかけて、スコーンに添えて

ケーキの飾りにしたり、アイスの上からかけたり、ドレッシングに少し加えたり、メインのソースの味付けに。。。と

いろいろ楽しめそうです。

果物本来の味を楽しむジャム、いろいろな組み合わせで無限に広がるコンフィチュール

どちらも魅力的で、創造力がかきたてられます。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.08.02(土) 21:31:17

グラスのかたち

飲み物を注ぐだけなら、どんなかたちでもいいと思う。

じゃあ、飲み物以外に使うとしたら

 

このかたちのグラスはとても使えると思う。

先日、お店で見つけたグラス。イタリア製でハンドメイド。

もう廃盤になるみたいで2つしかありませんでした。

私が、食器を選ぶとき、いつもこれに何を入れたらおいしそうかなってイメージします。

まずは、スタンダードに紅茶やジュースを入れて

この前作った酵素ジュースやグリーンスムージーを入れても

グラノーラにヨーグルトやフルーツを交互に入れてもかわいいし、

透明なのでこれからの季節パフェとか

冬は耐熱性なのでぜんざいも合うかも

サラダをちょこっと盛り付けたり、塩ゆでした野菜とだしを寒天で固めたジュレを交互に入れたらきれい

プリンもいいな〜

冷製パスタや素麺、冷製スープを盛り付けてもよさそう

と、こんなにあれこれイメージが膨らむグラスもなかなかないと思う。

わたしの好きなイイホシユミコさんの器のシリーズの中にもこのかたちのグラスやスープカップがあって、手に取っては、なかなか買わずにいましたが

きっとこれはいい買い物をしたなと大満足。

イイホシさんのグラスも東京の熟練のガラス職人による、ひとつずつ手作りの型吹きのグラスでyumiko iihoshi オリジナルデザインで
wine glassとwater glassはスタッキング可能なのでとっても魅力的。

いつかそろえたいと思っているグラスです。

上記の写真は、レモンゼリー、豆乳ムース、ブルーベリーソースの3層のゼリー。

寒天と本葛粉だけで固めているので、おなかにもうれしいデザート

寒天は、沸騰するときれいに溶けるのだけど、豆乳など沸騰させたくないものに入れるときには弱火でしっかり火を通さないとなかなか固まってくれません。

量が多すぎるとかちかちになるし、足りないと固まらないし。。。寒天を少なめにして本葛粉を少し混ぜるとなめらかな食感になります。

レモンゼリー

A【水…200cc レモン果汁…30cc てんさい糖…大さじ3 寒天粉…小さじ1/2】 本葛粉…3g

豆乳ムース

B【豆乳…200cc  てんさい糖…大さじ2 寒天粉…小さじ1/4 メープルシロップ…大さじ2】本葛粉…5g

ブルーベリーソース

ブルーベリー…110g てんさい糖…15g 水…大さじ1 本葛粉…小さじ1(同量の水で溶いておく) 寒天粉…少々

 

①小鍋にレモンゼリーのAの材料を入れて中火にかける。沸騰したら、水(分量外)で溶いたくず粉を回し入れてとろみをつけ、グラスに流し入れて冷やし固める。

②豆乳ムースのBの材料を鍋に入れて弱火にかけ、たえずかき混ぜながら、寒天をゆっくり煮溶かす。水溶きくず粉を回し入れてとろみをつけ、①のゼリーの上に茶こしで濾しながら、そっと流し入れる。冷蔵庫で冷やし固める。

③ブルーベリーソースの材料をすべて小鍋に入れて火にかける。とろみがついたら、火を止めて②のムースの上にそっとかける。冷蔵庫で冷やしてできあがり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.07.17(木) 00:11:01

宮崎の夏レシピ 

宮崎名物「冷や汁」

小さい頃から、夏になるとよくおじいちゃんが作ってくれました。

家庭によって作り方が少しずつ違うみたいですが、家はいりこをすりつぶして、みそやごまと混ぜてお湯でのばしたところに輪切りにしたきゅうりや千切りにしたしそ、万能ねぎなどをたっぷり入れて冷たくし、あつあつのご飯にかけて食べます。

えごまの香りがいりこのようで松の実の風味は、魚っぽいような。。。これを組み合わせれば、いりこを使わなくても植物性だけで冷や汁ができるのでは。。。と思いつき、試してみたらすごくおいしい冷や汁ができたのがきっかけで、それからはずっとこのレシピ

えごまも松の実もとても栄養価が高いので、夏の暑さを乗り切るのにはぴったりです。

それも「薬膳冷や汁」

材料

A【松の実 大さじ2 えごま 大さじ3 白練りごま 大さじ1 麦みそ 60g】

きゅうり 1本 大葉 5枚 豆腐 1/4丁 お湯 適量

つくりかた

1 えごまと松の実は、それぞれフライパンで炒っておく。

2 すり鉢に1のえごまと松の実を入れてすりつぶし、みそ、練りごまも加えてよくすり合わせる。

3 熱湯をすこしずつ注ぎ、好みの濃さにのばす。

4 きゅうりは薄い輪切りにして熱湯をかけておく。小ねぎは小口切り青じそは千切りにする。

木綿豆腐は、ゆでて水切りしておく。

5 3が冷めたら4の野菜と豆腐をくずし入れて冷蔵庫で冷やす。

6 あたたかいご飯にかけていただく。

 

えごまは寒冷地でよく育つしその仲間の小さな実で、しそに似た香りがあり、ごまと同じように使えます。青魚と同じ成分の不飽和脂肪酸を多く含み、免疫力を高める働きがあります。

ビタミンE、亜鉛などを含み、滋養強壮、疲労回復に効果がある松の実は薬膳でもポピュラー。肺や腸に潤いを与え、内臓を活発にして髪の若さを保ちます。

ハチドリマルシェにて買った枝豆を付け合わせに

枝豆は丘ファームさんのもの

フレッシュでとってもおいしかった〜

昼間っからビールが飲みたくなる組み合わせです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.06.25(水) 01:36:29

日々の掃除が楽しくなる道具

雨が続くと、家の掃除をしたくなくなるのはわたしだけでしょうか。

湿気も多く、部屋の中はじめじめして洗濯物は乾かないし、お布団は干せないし。。。

少しでも家事を楽しくするために

掃除道具選びはとっても大切

掃除道具を選ぶときに重視していることは、使いやすさはもちろん、耐久性、デザイン製、エコロジカルな素材であること

今まで色んなエコ洗剤を使いましたが、環境にはいいけど汚れが落ちにくかったり、泡立ちが悪かったり。

あれこれ使っているうちに見つけた、「ずっと使いたくなるようなお掃除道具」

毎日するお皿洗い

洗剤は、手にやさしく環境にもやさしく、香りのいいものを

Murchison-hume マーチソンヒューム ”ヘアルーム”ディッシュウォッシイング リキッド

コロイド技術(例えば、海に流失した廃油を安全に洗浄するための最新技術)をベースに、食品・化粧品にも使われる、人に優しい天然原料を厳選、ブレンドして作られたクリーンプロダクトがMurchison-hume

セージエキスとグレープフルーツの爽やかな香りです。

パッケージがおしゃれなので使い終わったあとも詰め替えて使いたくなります。

セットで使っているボーダースポンジは、波形の凹凸があるのでお皿のフチにフィットして汚れを落としてくれます。

洗剤がよく泡立って、乾燥も早いのがうれしい。

耐久性もあります。

 

お風呂とトイレ掃除

Murchison-hume マーチソンヒューム ”ボーイズバスルーム” クリーナ

マーチソンヒュームがうまれたきっかけともなったボーイズバスルームクリーナー。二人の男の子の母親であるオーナーは、子供でもカンタンにお掃除できて、安心、安全な洗剤をつくりたくてマーチソンヒュームはうまれました。
グレープフルーツの果皮油など、植物性原料を主体にして、強力で効果的な洗練されたクリーナーを開発しました。
トイレやバスタブ、タイル、フロア、洗面台周り、そして便器のカビの繁殖を防ぎ、臭いの原因・バクテリアのエサになる物質を中和し、清潔にします。

tidy(ティディ)のBathsponge(バススポンジ)は、持ち手の付いたお掃除しやすいお風呂洗いスポンジ。
柄の部分はアルミで出来ているので、とっても軽く、持つ手も疲れません。
シンプルなデザインとコンパクトさは、バスルームでも場所を取ることなく、すっきり保管することが出来ます。
スポンジ部分は簡単に取り外すことができるので、交換も楽です。

梅雨時期は、食材が傷みやすい

そこでおすすめなのが

Daily Misut  デイリーミスト 天然除菌、抗菌剤、24時間抗菌

フードプロセッサーなどの機械器具、まな板、包丁などの調理道具、調理台、冷蔵庫内、生ゴミバケツ、玩具類など

食中毒菌を瞬時に除菌してくれます。

 

室内干しが、多くなるこの季節

なま乾きで匂いが気になることも。。。

重曹が主成分の洗濯剤(特許取得) バジャン

バジャンは、ドイツの調査機関及び神奈川県産業技術センターでの洗浄実験で、
比較対象の洗剤の中では、一番の洗浄力があることが証明されているそうです。

白い衣類はより白く、黒い繊維はより黒く洗濯後に仕上がります。

界面活性剤、漂白剤、蛍光漂白剤、柔軟剤、香料が入っていないので、通常の洗剤使用では数パーセント衣類に残るといわれる残留洗剤成分が全くないのです。

そのため、すすぎも1回で十分

洗濯水の濃度でメダカが生きられるほど、クリーンで洗濯後の排水も河川にダメージを与えないという洗濯剤。

重曹の消臭効果なのか、部屋干ししてもいやな匂いが気にならなくなりました。

パッケージがもうちょっとおしゃれだといいのにな。。。と思い、エコバックに入れ替えて使用しています。

ちゃんと溶かして洗濯機に入れないと、白くかたまりが残るときがあるのでそこだけ気をつけて。

手洗い(ドライ)で使用するときには、柔軟剤と組み合わせて使います。

VERDE LABO 100%天然由来成分の柔軟仕上げ剤

フラワーコットンのとてもいい香りです。濃縮タイプなので少しの量ですみます。

自然にも人にもやさしい、白井油脂の石けん。

ミセル 米ぬか植物石けん

手肌が荒れにくいのは、石油系の原料を一切使用していないから。

脂やタンパク質汚れに強く、脱脂力が強いので赤ちゃんのオムツやシャツの襟汚れ、とくに靴下や運動靴などの落としにくい汚れに効果を発揮してくれます。

その他、飲食店の厨房のおそうじにも使われているくらい高い洗浄力で、べとつきやすい換気扇や、皮脂汚れが付着する浴槽などもきれいに。

1個が大きいので少しずつカットして使うと便利ですよ。

そして、

洗濯石けん”えみな”

植物性バージンオイルと抗酸化溶液を原料にし、化学物質過敏症の方でも安心して使えるように精製した粉石鹸。

洗濯要洗剤、拭き掃除や台所用洗剤としてだけでなく、入浴剤、歯磨き粉、ペット用洗剤に使えるというのでちょっとびっくりです。

生花にいれると花もちがよくなり、水がくさらないそうです。

そういえば、えみなを野菜にかけたら、虫がよってこなくなったと聞きました。

40ℓにたいして2g〜5gしか使わないのでたっぷり使えます。

酸素系漂白剤でまっ白に

漂白剤を使いたくないのでふきんの消毒や茶渋取りには、必需品。

白雪ふきんは、熱に強く耐久性にすぐれているので、汚れやにおいが気になったら、鍋にふきんと酸素系漂白剤を少し入れて煮沸させるとまるで新品のようになります。
綿に麻素材が入ったタイプの白雪ふきんは、けば立ちが少ないので、ガラスや漆器などを拭くのにおすすめ。

 

ちょっと高くても「いいものを長く」使うようにしています。

それが、体にも環境にもやさしくて、ちょっとでも楽しく毎日のお掃除が楽しくなるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.06.19(木) 11:57:53

朝ごはん 

今年2014年は、朝ごはんブームらしい。。。

朝の時間を有意義にすごしたい。

朝活が広まり、カフェでもブレックファストメニューというのが充実してきているようです。

確かに、朝早く起きると、なんか得した気分になりますよね。

料理の仕事をしていると、満腹よりちょっとおなかがすいているぐらいの方が、てきぱき動けるということもあり、基本的に朝ごはんを食べずに、仕事に行くのがもう習慣になっているのですが、休日ぐらいは、朝ごはんを食べてゆっくり過ごしてみようかなと思います。

本屋さんに並んでいる本を見ても朝食を抜くと病気にならないとか、朝食の摂り方が大事とかさまざまです。

これは、人によって起きる時間も仕事内容も体力も全然違うので、朝ごはんを食べないと調子が悪くなるひともいれば、食べないと調子が良くなるひともいると思います。

明け方まで仕事で、夜中に夜食をとるひとは、朝ごはんは食べる気になれないかもしれないし、私がいつもお世話になっている農家さんはPM9時には就寝してAM5時には起床、朝ごはんを食べてそこから農作業というように、食べないと体力がもたないひともいます。

ごはんとごはんの間は、6時間はあけたほうがよいそうです。

って考えると朝食6時・昼食12時・夕食18時というのが、ベストなのだと思いますが、なかなかこんな規則正しくはむずかしいですよね。。。

それに朝6時に食べるには5時には起きて作り始めないといけないし。。。

最近、ブレックファストメニューが充実してきているみたいで、近くのパン屋さんhttp://bourouso-bonheur.com ブルソ・ボナールでも8時半から11時までの間だったかな?モーニングをしていました。そういうのを利用するのもいいかも!

私が、フード科の講師をしていた訓練校でも朝ごはんプロジェクトと題して、社員が、朝ごはんを作って皆で食べるという素敵な企画を定期的にしています。

朝ごはんっていったら

ごはんにみそ汁?

トーストにスープ?

パンケーキ?グラノーラ?フレンチトースト?

小さい頃、ごはんはいつもおじいちゃんが作ってくれていたのですが、平日は毎日、ぐだぐだに煮た汁が少なくて野菜がたっぷりのみそ汁に卵を入れて、半熟にしたものとまっ白いごはんが出てきて飽きて食べられなかったのを思い出します(笑)

なぜか、土日はトーストにたっぷりバターと蜂蜜をぬって、コーヒー牛乳につけて食べるのがおじいちゃんの習慣でした。。。

そのせいか、みそ汁はいつも同じ味にならないように野菜を変えたり、だしを変えたり、みそを変えたり工夫するようになりました。

日本の朝ごはんっていったら、みそ汁とごはんに焼き魚っていうイメージ!

だけど、手軽でおしゃれなのはパンケーキとかフレンチトーストかな

 高校卒業して大阪で一人暮らしを始めるときに初めて自分で買った有本葉子さんの料理本に載っていたフレンチトーストを当時はよく作っていました。

今回は、豆乳1/3カップと有精卵1個、てん菜糖大さじ1を合わせたものに胚芽食パンをしみ込ませて油を熱したフライパンで両面こんがり、焼きました。

上から、手作りの桑の実ジャムと豆乳をクリーマーで泡立てたもの、メープルシロップをたっぷりかけて。

いつでも食べれて、手軽なのは、グラノーラ

写真は、6月のお菓子教室でも作るモカグラノーラ

オーガニックコーヒーを絡めたほろ苦い大人のグラノーラです。

豆乳をかけると、コーヒー味がおいしい

食物繊維の豊富なオートミールや全粒粉、ドライフルーツ、ナッツがたっぷりで、てん菜糖のやさしい甘みのグラノーラは朝食にもおすすめ

朝スープもほっとしていいかも

 

でも、何といっても 朝ごはん食べるなら、やっぱり早起きしないと!?

朝活、私も明日から初めてみようかな。。。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.05.30(金) 22:14:28

古民家のおもてなし料理

ある日の休日、佐土原にある古民家「DACOTA」カフェに行ってきました。

行くのは、2度目です。

目印になるものがあまりないので、たどり着くまでにちょっと迷いつつ。。。

明るくて元気なフードコーディネーターの奥さんと笑顔が素敵なインテリアコーディネーターの旦那さんのご夫婦

お昼も遅い時間に行ったのに、カウンターまでお客さんでにぎわっていました。

前菜から、焼きナスとヨーグルトのパテにごぼうの竜田揚げ オムレツと揚げ野菜のマリネ

メインは、男性にもうれしい3〜4品の中から選べるがっつりごはん

この日は、手作りしゅうまいと
鶏のバルサミコ酢のソテー

そして、本日のデザート

ポピーシードとプルーンのケーキ 紅茶かコーヒーが選べます。

囲炉裏で真っ黒になりいい味を出している立派な梁

裏側が三角になっていてコーナーにぴったりになるような作りで、お店の雰囲気にとても合うアンティークの食器棚

フードコーディーネーターのわかなさんが、撮影用に修行時代から集めたという器の数々

いろいろな用途の土鍋

確か、カレー用と。。。なんだったかな。。。

器は、日南の作家さんのものもありました。

食事が終わり、少しお話をさせていただきました。

その話の中で、

「レシピ本、出したりしないの?」

と聞かれ、

ちょうどその日、食事中の会話の中で

「やっぱり、いつか、お菓子の料理本を出したいな。そのために少しずつ、今までのレシピを写真にしてファイリングしていかないとな〜。」

という話をしていた矢先のことだったので、びっくりしたのですが

私が、いつか出したいと思ってるという話をすると

「編集長とか知り合いいるから、相談してね。」と

おすすめの出版社なども教えてくださいました。

以前、わかなさんも小さいお子さんをもつお母さんたちで離乳食の本を出されたことがあるそうです。

帰りの車の中、本のイメージを膨らませながら

素敵な出会いに感謝です。

〒880-0301

宮崎市佐土原町上田島5834番地

TEL:0985-89-4844

facebook ダコタ-Dacota

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2014.05.07(水) 23:38:28
3 / 41234

PAGE TOP