プロフィール

名前:大角恭代
小林市在住。大学卒業後、㈱ファーストリテイリング勤務。2011年2月Uターン。野菜ソムリエ。たまたま食べた無農薬無化学肥料栽培の文旦に衝撃を受け、おいしい野菜の育ち方に興味をもつ。おいしいと思う野菜があると畑にいき、生産者と想いを語る。 夢は『いつでもどこでもおいしい野菜が食べたい、広めたい』。

コラム一覧

  • 河原真友子の「空飛ぶフードアナリストの青空から」
  • 増田萌子の「おいしい暮らし」
  • 日高義暢の「豚飼いのひとりごと」
  • 小畑佳奈子の「私らしく生きる場所」
  • 松本千広の「漁師町のとうちゃんとかあちゃんの話~日南市漁協女性部加工グループ~」
  • 渡邊円の「ちいさなこだわり~食・旅・短歌~」
  • 田鹿の「日南」海幸山幸自慢
  • 岩切あけみの「食うぞ♪コーディネーター」
  • 堀川尚子の「フォレストライフ~もろつか村~」
  • 沼口明典の「農業はバランス!?」

ブログ一覧

  • 長津和文・昭子の「次はプレミアム」
  • 横山美和の「美和の見聞録」
  • 服部学の「宮崎80's!! 」
  • 南浩二の「新規就農者の挑戦!」
  • 大角恭代の「おいしい野菜の見え方」
  • 古谷一紀の時速70㎞!~かずき農園~
  • ベジオベジコの「旬なみやざきスムージー♪」
  • 津曲智英の「design works in season」
  • スタッフブログ「きまぐれ日誌」

大角恭代ブログ-おいしい野菜の見え方-

しなやかビニンジン。どこにでも肥料


10/13(土) 綾町 山口農園


間引き作業の合間に食べたニンジン。
どの言葉がふさわしいのか・・・。このニンジンを伝えるのに

みずみずしいんです。でも体組織がしっかりしてる。

手にとった感覚はやわらかいんです。でも葉っぱをとるのは容易(たやす)くない。

にがくないんです。でも甘ったるいわけじゃない。

かめばじわっと味がでてくる、不思議。
あえていうなら「大和撫子」かな。
ニンジンが自分をしっかり持ってて、でも柔軟さを兼ね備えてる。

かわいい。今日ご一緒させてもらった岡部さんのおこさま方
はしゃぎながら畑でニンジン間引くお二人さま
今日の夕飯はニンジンだそうです

 

じつはココ、無農薬無肥料栽培。

ポイントは、『山を参考にすること』
キノコ菌の菌床を入れて、土の中にすきこんだ、草などが分解するのをサポート
それ以外は特別なことをしてません。

「温故知新」

山口さんの農業論は、「昔はなぜそれでできたのか」と疑問をもつところからスタート。
古きを知りて新しきを知る。まさにその通りやないかと思う。

 

更新日時:2012.10.14(日) 02:03:40

PAGE TOP