プロフィール

名前:大角恭代
小林市在住。大学卒業後、㈱ファーストリテイリング勤務。2011年2月Uターン。野菜ソムリエ。たまたま食べた無農薬無化学肥料栽培の文旦に衝撃を受け、おいしい野菜の育ち方に興味をもつ。おいしいと思う野菜があると畑にいき、生産者と想いを語る。 夢は『いつでもどこでもおいしい野菜が食べたい、広めたい』。

コラム一覧

  • 河原真友子の「空飛ぶフードアナリストの青空から」
  • 増田萌子の「おいしい暮らし」
  • 日高義暢の「豚飼いのひとりごと」
  • 小畑佳奈子の「私らしく生きる場所」
  • 松本千広の「漁師町のとうちゃんとかあちゃんの話~日南市漁協女性部加工グループ~」
  • 渡邊円の「ちいさなこだわり~食・旅・短歌~」
  • 田鹿の「日南」海幸山幸自慢
  • 岩切あけみの「食うぞ♪コーディネーター」
  • 堀川尚子の「フォレストライフ~もろつか村~」
  • 沼口明典の「農業はバランス!?」

ブログ一覧

  • 長津和文・昭子の「次はプレミアム」
  • 横山美和の「美和の見聞録」
  • 服部学の「宮崎80's!! 」
  • 南浩二の「新規就農者の挑戦!」
  • 大角恭代の「おいしい野菜の見え方」
  • 古谷一紀の時速70㎞!~かずき農園~
  • ベジオベジコの「旬なみやざきスムージー♪」
  • 津曲智英の「design works in season」
  • スタッフブログ「きまぐれ日誌」

大角恭代ブログ-おいしい野菜の見え方-

new 遺伝子多様性農法 本日命名


1/12(月)9時。高鍋町の黒木農園へ
初めてのことが起きました。
畑で野菜や生物の話をしてて、思いっきり空を見上げたくなったんです。

足元では野菜たちも空を見上げてました。

見上げた空は、地平線が見えそうなくらい広くって、まぶしかったです

黒木農園のある高鍋町染ケ丘は、キャベツ畑が広がります。

このキャベツ畑は、夏になると100万本のひまわり畑が一面に広がるところとして有名です。

その道を入っていった奥にあるのが、黒木農園です。
そこはまるで大草原の小さな家のよう。
視界には、野菜畑と茶畑と小さなトレーラーハウスと10匹のネコと1匹の犬。
ネコたちがゆーったりと暮らしてました。
このトラちゃんになりたーい。
そこでのお話は、『遺伝子多様性』の必然性でした。
遺伝子、とあえて言ってるのは『F1種』とよばれる一般に日本で流通している種は、全部遺伝子が同じものだから。
遺伝子が少ないと、気候の変化や他の生物の動きで、全滅することもありえる。
たとえば、バッタの群れがきたら畑が全部食べられてしまうことになる。
また、台風がきたら影響を受ける作物なら畑は全滅してしまうことになる。
そうして、目に見えない力が働いて、その土地の最終形を目指す、土地の力。
そうして出来たものが、綾町の照葉樹林であり、えびの高原の松林。

深くて視野の広い、話でした。

こちらのサトイモを頂きました、滑らかキメ細やか。
ほーっと一息、吐きたくなりました。

*畑では、集まって、語らう、食べる、くつろぐ企画を随時されてます(515field)
*お野菜は、ボンベルタ地下などで販売中

更新日時:2012.11.12(月) 23:46:39

PAGE TOP