アーカイブ (Archive)

食旅スポット


新富町特集

カフェレストランHatsune 〜民宿初音〜

マップ

民宿の食堂を改装したカフェレストラン。大きな窓にゆったり座席が配置された明るい店内、窓の外には富田浜の入江で遊ぶ水鳥。地元の野菜や果物や特産品をたっぷり取り入れた彩りビュッフェ。客層は幅広く、お客さんの声を味付けやビュッフェメニューにも反映、 “ちょうど良い味付け”で、やや柔らかめに小さめに工夫された調理は絶妙、見た目はもちろん、誰でも美味しく食べやすいものをと常に工夫を凝らします。
ナポリタン、パスタ、ピザ、カレー、刺身、サラダ、ピクルス、野菜天ぷら、かき揚げ、しいたけ南蛮、フルーツ盛り、プリン、ゼリーなどスイーツまでたっぷり。お話に集中していても大丈夫、焼きたてピザや揚げたておにぎりを席まで持って回ってくれる心遣いも嬉しい。
食後にはオーナー独自ブレンドのフルーツハーブティをどうぞ。消化促進をテーマにミントやフェンネル、ハイビスカスなどのハーブに季節のフレッシュフルーツをブレンドした優しい甘さのハーブティです。
*パスタ、ピザの単品オーダーも可

うなぎの比恵島

マップ

うなぎ問屋の二代目が焼く極上うなぎ。先代からのこだわりうなぎを”焼き”にもこだわって美味しく食べてもらいたい、と主だった問屋業を辞めて一大決心し開店。全て店主が一人で焼きます。こだわりの備長炭で丁寧に炙るうなぎの香ばしい香りが店の外に漂い、店に入る前から期待が高まります。
うなぎは炭焼きが命。コツは高温でしっかり焼ききること。うなぎの皮と身の間にある脂に備長炭でしっかり火を通すことで、臭みが抜け、純粋に脂ののったうなぎの美味しさを堪能でき、香ばしさも加わります。忘れずに味わいたいのがうなぎの皮。うなぎの旨味が皮までも食べ応えある極上の部位に仕上げます。
また、えびの市産の陰干し米を炊きあげたふっくらご飯はそれだけでも美味しく、漬物もシンプルな塩漬けで、大豆をすり鉢ですりおろすところから作るご汁はお豆腐のような柔らかさと甘みで、全てに大満足。お昼時になると家族や知人グループで、休憩中の作業着姿の人たちで混雑します。カウンター席もありお一人様も大歓迎です。
*なくなり次第閉店なので、事前予約が確実

  • 新富町新田5934-15
  • 0983-33-3339
  • 昼11:30~14:00、夜16:30~20:00
  • 水曜日

『鶏めし』(むつみ会)

マップ

鶏めしは、集落の行事や消防団の炊き出しで必ず作られてきた新富の味。具はごぼう、にんじん、鶏肉の3種で味付けはしっかりめに甘辛く仕上げるのがポイント。冷めても美味しいのも鶏めしです。鶏めしは、第一回宮崎ご当地グルメコンテスト優勝をきっかけに商品化。現在、地元直売所で販売したり、地元のお祭りに出店したり、冷凍おにぎりにして各地へ発送したり、と新富の田舎の味を広めています。
冷凍おにぎりは遠方のファンにも炊きたてのおいしさを届けたいと開発。炊きたての熱い鶏めしをせっせとおむすびにして急速冷凍。一人暮らしをする子どもに送ったりお世話になった人に配ったり、食べる人のことを思って作られた鶏めしおむすびは人と人を結びます。
そんなむつみ会の新商品は『たくあんカツバーガー』地元産の大きく切った塩漬けたくあんをカツにし鶏めしでサンド。柔らかいたくあんのカツが鶏めしによく合います。こちらはイベント出店限定販売、ぜひ新富に味わいに来てくださいね。

*鶏めしお結び(冷凍)販売店*
むつみ会工房(新富町)、宮崎空港ビル2F日向屋売店、宮崎山形屋、他
*鶏めし(惣菜)販売店*
JA児湯 新富直売所ルーピン、東九州自動車道川南PA(土日限定)、他

乳酸醗酵水の『浅漬けの素』<br /><br />
(キムラ漬物宮崎工業株式会社)

マップ

2017年11月新発売。キムラ伝統の昔ながらの製法で作る塩漬けたくあん、その過程で発生する乳酸発酵水を生かした浅漬けの素。
使い方は切った野菜を浅漬の素に漬け込むだけ、少し揉むと1時間程度で出来上がります。お酢の風味も強くなく、乳酸醗酵の風味が野菜を包み込み、驚くほどマイルドな浅漬けに仕上がります。子どもも食べやすい浅漬けです。
素材がいいものだけを使っているからアレンジも多彩。ローリエやタカノツメを入れてピクルス風浅漬けに、塩昆布やかつお節を入れて和風に、自分好みの浅漬けが作れます。浅漬けの素には写真付きのレシピブックも同封。使用目安は、浅漬けの素1袋(100g)でおよそきゅうり2本分(200g)。
簡単にできるので忙しい日々を過ごす人にも届けてあげたい一品。浅漬けは冷蔵庫で日持ちがします、旬の野菜の美味しさを閉じ込めてゆっくり味わいましょう。でも美味しすぎてあっという間になくなるかも。
本格的にマイ漬物を楽しみたい人には、姉妹品の『熟成ぬか床セット』もお勧め。
原材料:梅酢、甜菜糖、昆布だし、だいこんの漬け汁、白しょうゆ(小麦、大豆を含む)

*販売店*
ラディッシュ(宮崎市)、日向時間(都城市)、ママンマルシェTAKANABE(高鍋町)、東九州自動車道川南PA(川南町)

在来ほうじ茶(豊緑園)

マップ

もりもっ茶ブランドとして、生産から加工販売までを手がける豊緑園。環境保全型農業を目指し、平成9年より有機栽培に移行。5月になると茶畑にはホタルが舞います。農薬はもちろん、化学肥料も一切使わずに消費者に満足してもらえるように、十分なお茶のうま味とお茶の色を追求して作るオーガニック緑茶がこだわり。
秋冬のお勧めは「在来ほうじ茶」。もりもっ茶の在来ほうじ茶は、山に自生しているお茶の樹の種から育った樹齢70年以上にもなる在来種の樹の番茶を摘み、焙じたお茶です。茎や葉をまぜて仕上げることが多いほうじ茶ですが、もりもっ茶では味にこだわり、茎はほとんど入っていません。すっきりと飲める香ばしいお茶で、二煎目も美味しくいただけます。また渋みや苦味はほとんど感じないので小さなお子様にもお勧め。ほうじ茶はカフェインレスで体を温めてくれる、寒い冬に嬉しい日本茶です。家族や友人と、多忙な仕事の合間に、ほっとするひと時にどうぞ。
*リーフタイプ、ティーバッグタイプの2種類

*販売店*
ラディッシュ(宮崎市)、ママンマルシェTAKANABE(高鍋町)

アクセス

  • カフェ レストランHatsune
  • うなぎの比恵島
  • むつみ会
  • キムラ漬物宮崎工業
  • 豊緑園

PAGE TOP