アーカイブ (Archive)

食旅スポット


宮崎市内海特集

ルージュの傳言(CINEMA HEAVEN内)

マップ

「みんなが集い、ホッとできる食堂を」。日向灘を見下ろす高台に、生産者の顔がみえる食材と旬を大切にしたレストランがオープン。国道220号線から急な坂をのぼると、その昔旅館があった広い天然のグリーンガーデンがあり、中にはサーフショップやキャンプスペースもあります。仲間で集まり、知恵と力を出し合ってこの場所を作り上げました。
ランチは季節のランチやおにぎり定食、オリジナルカレー、スイーツなど。主にオーガニックの野菜や調味料を使用し、丁寧な手仕事で素材本来の美味しさを引き出します。写真は『ホロホロ塩豚の季節野菜の煮込み(サラダ付き)』。化学薬品を与えないで育てた宮崎県産豚肉をヒマヤラ岩塩に漬けて自家製玄米塩麹とりんごで煮込み、塩麹で煮込んだ綾町暁農園の野菜を添え、自家製マスタードをトッピングした一品。新メニューの塩麹豚串など季節の料理でおもてなしします。マクロビオティックスイーツやコーヒー、ドリンクのテイクアウトも可能。
*週末限定でCAFÉ&BARタイムもオープン
(金.土.日18:00~24:00)

ビオハーモニー

マップ

宮崎の海沿いの街に環境とカラダに優しい商品を紹介する小さなお店「ビオハーモニー」がオープン。もともとは、オーナーの弟がタイで19年前に環境と健康を害することのない「自然と調和する」をキーワードに起業したハーモニーライフインターナショナル社製品の輸入販売会社。オーガニックの作物を加工した製品の他、日用雑貨を取り扱っています。
『モロヘイヤヌードル』は野菜の王様モロヘイヤをたっぷり練り込みノンフライで仕上げた乾麺。つるっともっちりした独特の麺は、夏はピリッと辛い担々麺風に、冬はそのまま鍋の〆に、そのまま野菜とあえてサラダ麺や冷やし中華にも。グルテンフリーの『モロヘイヤ玄米ライスパスタ』はペペロンチーノやトマトクリームパスタ、フォーのようにお野菜と炒めて。2点ともにタイや米ホールフーズで人気商品。
また、ハーモニーライフ酵素飲料「極み」は身体の代謝や消化に必要な体内酵素を補うビタミンやミネラルを含んだ発酵飲料。32種類の原料を、1年半発酵熟成させて作られます。コクのあるまろやかな美味しさで体調に合わせて、水やぬるま湯で5倍以上を目安に希釈して飲みます。ビオハーモニー店内では酵素「極み」のドリンク販売もしています。

  • 宮崎市内海1116
  • 0985-67-0088
  • 10:00~17:00
  • 月〜水、金、土曜日
    (営業日 木、日曜日)
  • Facebookはこちら

明日葉ソフトクリーム(道の駅フェニックス)

宮崎市内海名物、明日葉(あしたば)がソフトクリームで食べられます。
食べ続けている人は元気で長生きするといわれ、「長寿草」の異名をもつ明日葉。平成8年からこの地で栽培が始まり、地域の特産品として定着しつつあります。
その明日葉の粉末を練りこんだ明日葉ソフトは、クリーミーで薄いヨモギ色のソフトクリーム。食べてみると、抹茶やヨモギのようにどこか食べなれた味わいで、青葉特有の青くささや苦みはなく、まろやかな抹茶のような風味です。栄養価が高い=苦いというイメージが定着していますが、明日葉はとても食べやすいのです。
売店のソフトクリームは全部で5種類。人気No1のみやざきマンゴーソフトをはじめ、日向夏ソフト、エビソフトと道の駅のオリジナルソフトクリームは4種類。友達や家族でシェアしても楽しいですね。

野島神社(のしまじんじゃ)

マップ

文安3年(1446)年12月3日創建。宮崎市無形文化財『野島神楽』が伝わり、浦島太郎を祀る神社。古くは白鬚大明神とも呼ばれ、白ひげの老人がこの浦の絶景を眺めて、ここで祀ってほしいと言い消えたという浦島伝説が残っています。境内には、高さ約15mの国天然記念物指定『内海のアコウ(赤榕)』をはじめ、いくつものアコウの木が枝や幹から多数の気根を垂らし、迫力ある景観を作り上げています。
神社の目の前は豊かな海が広がり、かつては塩田もありました。野島神社には塩の神様、料理の神様である塩筒大神が祀られています。
2015年、目の前の国道220号を走るサイクリング愛好家の、事故のない安全なサイクリングをサポートしようと、自転車型のユニークなお守りを作製。道案内の神様、交通安全の神様猿田彦も祀る同社ならではで、日南海岸の安全で楽しい旅を応援しています。

アクセス

  • CINEMA HEAVEN
  • ビオハーモニー
  • 道の駅フェニックス
  • 野島神社

PAGE TOP