アーカイブ (Archive)

食旅スポット


綾町特集

雑木林 〜That’s Bock Ring company〜

マップ

2018年春、カフェ雑木林が規模拡大してリニューアルオープン。多様性が織りなす照葉樹林のように、カフェを中心にあらゆる人や技、文化や情報が集まり、共に作り上げていくコミュニティスペースへ。オフィスや工房、宿泊スペースも順次開業。

cafe That's Bock Ring(カフェザッツボックリン)

店舗奥のカフェコーナー。
2001年開業、イベントや企画を通して様々なメッセージを発信してきたTHAT'S BOCK RING。2018年、メンバーもカフェスペースも拡大、仲間と一緒に手作りでリフォームした店内は、プライベート感のある造りでお一人様も歓迎。
カフェメニューは地産地消にこだわり、綾の野菜をたっぷり使用した創作料理。ランチはパスタやカレー、天然酵母のバーガーやサンドイッチなどからメインを選び、旬野菜の彩り前菜、スープ、薬草ブレンド茶のつくランチセットがおすすめ。中でも開業から続くロングセラーの「黒ゴマカレー」は、ココナッツミルクの甘みと唐辛子の辛みが織りなすハーモニーで止まらない一品。単品やハンバーガーはテイクアウトも可。
カフェタイムには、チャイや自家製シロップなど選べるドリンクと手作りスイーツで、ゆったりとしたひと時を。毎週木曜日には料理教室、随時イベントも開催。
*『山本恵理 from New York コンサートin 綾』
2018年 8月25日(木)18:30開場、19時開演

OVEN(オーブン)、HOBO PAM (ホーボーパン)

店舗入り口のショップ『OVEN(オーブン)』では、雑貨や食の加工品、スイーツや天然酵母パンなどを販売。
雑貨は、「食から豊かな暮らしを提案するツール」をコンセプトに、made in AYAのこだわり加工品や工芸家の作品など、綾のお土産にも選んでもらいたいものをセレクト。
店内に併設されたパン工房『HOBO PAM ( ホーボーパン)』は「渡り鳥と呼ばれた昔の季節労働者(HOBO)が毎日かじっていたパン」がコンセプト。あこ天然酵母や自家製酵母、国産小麦や全粒粉など、使用する食材からこだわり、地元の子どもや大切な人にも食べてらいたいシンプルなパンと地元食材を使った体にやさしいお菓子を製造。
カフェでバーガーやサンドイッチのパンとして食べられるほか『OVEN(オーブン)』にてメニューを拡充し週末限定で販売中。毎週第2木曜日に4名限定であこ天然酵母パンの教室も開催。不定期でお菓子作りのワークショップも。詳しくはweb、instagramにて。

たてよこ舎 〜古民家シェアオフィス〜

マップ

昭和初期建造の旧谷口邸をリノベーションしたシェアオフィス『たてよこ舎』。カフェコーナーでは「やさいごはんOkiyam(オキヤム)」と「天然酵母パンMargaret River」がキッチンをシェアして共同運営。古民家の土間を改装した小さなイートインスペースとテイクアウトでどうぞ。

Okiyam(オキヤム)

ランチは週替わりのvegetable bowlとsoup(単品可)。vegetable bowlは野菜大好きなオーナーが「お野菜が苦手な人にも美味しいって思ってもらえたら嬉しい」と、工夫を凝らした季節の野菜料理4〜5品とやわらかく炊き上げた玄米のワンプレートランチ。
ほっと落ち着くお野菜たっぷりランチは、植物性100%とは思えないほど、味わい豊かで食べ応え満点。ランチは週替わりのみですが、他にも豆から選べるコーヒーや手作り甘酒で作るお砂糖控えめスコーンなど、どれも一品一品丁寧に仕上げています。
「オーガニックが当たり前になってほしいから」とあえて強調していませんが、綾町産の旬のオーガニック野菜をたっぷり使用。調味料も手作りしたり、昔ながらの製法のものを使ったり体に優しいものを選んで使います。
たてよこ舎の土間部分がカフェスペースのため、コンパクトで席数も5〜6席と限りがありますが、テイクアイトも可能。自然の風が心地よい空間です。

  • 綾町大字南俣313
  • 11:00~16:00
  • 日、月、火、水
    (天然酵母パンMargaret River は金曜日のみ営業)
  • Facebookページはこちら
    *駐車場 はお問い合わせください

えそらカレー

マップ

塩と油を極力抑えて開発した、体に優しいベジタブルチキンカレー。じっくり炒めた飴色玉ねぎに、オリジナルスパイスとトマトを加えて煮込み、12種のスパイスが入っているとは思えないほどマイルドで、食べ進めるほどにルーのうま味を感じます。
辛味は感じないものの、体の巡りが良くなるのを実感。お好みでさっと塩をライスに振りかけて頂くとさらにルーのうま味が引き立ちます。「製造過程で塩を入れても食材に馴染んで塩味を感じにくく、結果塩分が増えてしまう。直接口に触れるほうが少量で塩味を感じられて結果塩分を押さえられて旨味も際立つ」と食べて元気になれるカレーを追求。辛いのがお好みの方用に自家製辛みオイルもご用意。
イートインはベジタブルチキンカレーにアチャール(インド風野菜の浅漬け)やサラダなど付け合わせがついて800円、追加で特製スパイスチキンやふわふわ卵などのトッピングも可能で、全部のせチキンカレー1200円で味わいたい。テイクアウトは500円からでトッピングも可能。席数4席。テイクアウトして照葉大吊り橋や馬事公苑など綾が誇る自然の中で食べるとさらに美味しくなりそう。
福岡や東京でオーガニック化粧品などを手掛けるえそらフォレストが運営。

アクセス

  • 雑木林 〜That’s Bock Ring company〜
  • たてよこ舎
  • えそらカレー

PAGE TOP