アーカイブ (Archive)

食旅の駅


日向サンパーク

日向市南部の観光拠点。全域が日豊海岸国定公園内にあります。海に突き出したところが広い公園になっており、その中にいろいろな施設が集まっている。温泉やお食事処からはもちろん、アスレチックやテニスコートからも海を眺めることができます。
公共公園として開発が始まり後に各施設が作られたため、それぞれが独立した建物で、問い合わせ先も施設ごとに異なる。 広い敷地内には、アスレチックやキャンプ場などのアウトドア施設から、温泉やお食事処などの休憩コーナー、お土産コーナーの充実した物産館など。1日中家族で過ごせる日向サンパークです。

※日向サンパークは複合施設の総称で、主に4つの施設からなります。

施設名 連絡先
お舟出の湯(入浴・食事など) 0982-56-3800
道の駅ひゅうが
(新鮮野菜・お土産・飲食など)
0982-56-3809
キャンプ場 0982-58-0636
サンパーク公園
(テニスコート・グラウンドゴルフ場・アスレチックなど)
0982-58-1155

詳しくはこちら:http://ww2.wainet.ne.jp/~sunpark/

道の駅ひゅうが(物産館)

館長のお勧めは、日向市特産のフレッシュヘベス。8月末〜9月頭にかけて、ヘベスは出荷の最盛期を迎えます。道の駅ひゅうがでは、家庭用はもちろん箱入りの贈答用ヘベスも販売。どんな料理にでもあうヘベスですが、道の駅ひゅうがでは一キロ150〜200円位とお手頃な価格で販売しています。店内にはヘベスチーズ饅頭や、ヘベス大根(浅漬け)、ヘベス果汁、などヘベスの加工品も豊富な品揃え。
美々津産のちりめんも、釜揚げシラス、ちりめん、かえりちりめん、いか子(いかの子入りちりめん)と数種あり、一番人気はちりめん。「大根おろしをのせて醤油を垂らして食べたり、卵焼きに入れたりしても美味しい」と館長。
他にも日向の釜炊き塩『満潮の塩』や、『日向市東郷産100%蕎麦』などもあり、蕎麦は店内のフードコートで食べることもできます。いつの季節も美味しい物が絶えない、道の駅です。

  • 9:00~19:00
  • 年末年始

アクセス

日向サンパーク 案内

  • 日向市大字幸脇303番地5
  • 0982−56−3800
  • 毎月第1・第3月曜日

PAGE TOP