アーカイブ (Archive)

食旅の駅


旬菜広場 スーパーマルイチ

地産地消の流れを応援したい

日向市を拠点に県内8店舗を持つスーパー。青果コーナーの一角にあるのが、地元農家の直売コーナー、『旬菜広場』。5年ほど前に約10軒の農家からはじめ、主に路地野菜や果物、キクラゲ等を販売しています。
産地に行くたびに、出来るだけ農薬を使っていない農産物を取り扱いたいと思うようになったという高木社長。自らも長年無農薬栽培を学び、畑を耕しています。「これからは良いものをお客さまに提供するためにも、生産者と販売者が手を取り合っていかないといけない」と、同じ農法で無農薬栽培に取り組む仲間と一緒に旬菜広場を作りました。「地元の農家さんとつながることで得られることが多い、日向でも地産地消の流れができれば(青果 鈴木バイヤー)」。
※旬菜広場があるのは、財光寺店(日向市)、大王店(日向市)、大門店(延岡市)の3店舗(2015年7月末現在)。

日向産キクラゲ、小麦粉

今年は無農薬栽培の小麦粉も販売開始しました。約500g入りで200円。きめ細やかな小麦粉で、パンケーキ、お好み焼き、天ぷら、チヂミ、ピザ・・・いつもの料理に、地元産の小麦粉を取り入れるチャンスです。
地元産の生の黒キクラゲや希少な白キクラゲもおすすめです。キクラゲは薬膳や中華料理に使われるきのこの一種。機能性や栄養価の高さがうたわれることが多く、20秒程湯がいてごま油でゴーヤと炒めて卵とじにしたり、とろんとした食感を生かしてサラダや酢のものにしたり、和食や中華やいろいろな料理にあわせられます。
キクラゲは、定期的に2日〜3日で新しいものに取り替えられているので安心。マルイチはウェブサイトも充実しており、『マルイチネットスーパー』では市民の買い物を応援。また『レシピ集』も充実しており、旬の野菜や魚介を生かした季節のレシピもこまめに更新。彩り豊かでシンプルな作り方を紹介しているので、毎日頼りたくなります。

アクセス

日南海岸南郷プリンスホテル

PAGE TOP