アーカイブ (Archive)

食旅の駅


交流プラザきよたけ 四季の夢 - 宮崎市

青果が人気、食べてみたい野菜や果物

正面から入ると、どーんと中央に広がる青果コーナー。清武町の農家が育てた旬の野菜、柑橘やパパイアなどの果物、自然の恵のビタミンカラーで売り場が彩られています。
宮崎特産果実の日向夏は、ここ清武が原産地(発見地)。3月〜4月にかけて日向夏や甘夏などが出荷の最盛期を迎え、大袋入りや贈答用の箱入りでも販売されています。
また清武は珍しい野菜や果物も多く、コールラビ(形はカブに似て味はブロッコリーやキャベツに似た野菜)、パパイア(トロピカルフルーツ)、アリスメロン(完熟で収穫するえぐみのないメロン)、キクイモ(イヌリンたっぷりで健康食として注目)、などその時期になると珍しいお野菜も並びます。
これから3月〜6月と9月〜12月はパパイア、5月中旬〜6月上旬にはアリスメロンが収穫のピークを迎えます。

清武の「第二の店舗」、「いこいの場」に

清武町内には多数の飲食店があります。四季の夢ではそれぞれ自慢の品も積極的に販売。「清武の生産者や事業者の方の「第二の店舗」として、清武とお客様を結ぶ場所に」というコンセプトはオープンしたときから変わりません。
その中でも、干大根農家さんが作る漬物はたくあん、梅干し、らっきょ、干大根漬け・・・と補充が追いつかない時もあるほど。またうどんや、ミックスホルモン、ラーメン屋さんの餃子、などリピーターさんがしっかりついているものも多いようです。
店内奥の交流スペースでは、ワンコインで味噌汁やコーヒーが飲め、直売コーナーで買ったお惣菜やお菓子などを食べたり、友人どうし子ども連れでわいわい盛り上がったり、タブレットをみたり、と思い思いの時間を過ごす場所として定着している様子。「朝来て夕方帰る年配の方もいるんですよ」というほど。
地元の方からも頼りにされる、清武のお勧めスポットです。

アクセス

交流プラザきよたけ 四季の夢 - 宮崎市

PAGE TOP