田鹿の「日南」海幸山幸自慢

日南市の誘致企業「南信漬物」の出逢い(後編)

前編では、南信漬物さんを取り上げた。
長野県の漬物会社「南信漬物」が野沢菜を作っていた日南に工場を作った途端、日南で野沢菜を作らなくなってしまい、途方に暮れていたところに、救世主が登場!それが、建設会社の高橋社長だ。農業法人を設立して、なんと、はじめての野沢菜作りを始めたのだった。

 

近年、建設業からの農業分野への新規参入が増えていることはご存知だろうか?
高橋さんは建設業を営んでいたが、ある時、「農業法人猪八重ファーム」を設立し、全く異業種だった農業への新規参入を果たした。
それは、地方の建設業にとって今後は、安定した公共事業が期待できず、地方の人口が減り、雇用も減っていく中では、苦戦が予想される。新しい産業への参入は必須だ、と考えられたから。しかし、なぜ新規事業として農業を選んだのか。

実は建設業と農業は相性がいいと言われている。
例えば、建設機械を使って畑を耕せる、余っている土地を持っている、そもそも建設業と兼業している農家のも多くいる、など理由は様々。さらに法律の改正があり、農業法人の設立が可能になったことで、建設業から農業への転換は順調に進んでいる。

しかし、高橋氏はそのような理由ではなかった。高橋氏が農業への参入を決めた大きな要因が前編に登場した南信漬物の倉岡工場長だ。農業法人猪八重ファームを設立した時には、すでに売り先が見つかっていた。高橋氏が作った野沢菜を南信漬物にすべて買い取ってもらうことを前提に農業に参入した。

つまり、農業法人猪八重ファームを設立した時点で、「売り先」をすでに確保していたのである。これは従来の農業は全く違う。これまでの農業はとりあえず作ってみて、その後は販売会社に売ってもらうというモデルで、それ以上のことにはならなかった。
高橋氏と山倉工場長の信頼関係の元に、生産と製造、販売までを協力しながら進めていく。

 

 

最近は6次産業化が話題になっている。なんでも6時産業化が実現すればすべてが解決すると言わんばかりだが、生産者が生産→加工→販売までを行うのは、至難の技だ。そもそも6次産業化が重要視されているのは、生産地域からお金が流出するのを防ぐためであり、域内にお金をとどまらせることが大事、という観点からだ。その意味からすると、生産者が販売まで行うことが難しいのであれば、地域内で出来る限り消費者に近い部分までを担うことができれば、そのぶん地域内にお金が残る。

南信漬物と猪八重ファームの例はまさに、この域内にお金を残す取り組みとしては代表的な事例である。日南市が掲げる方針の一つに「儲かる農林水産観光業」というものがある。今回の取り組みは確実に農業の所得をあげる。これからもこれまで域外に流れていたお金を引き戻す取り組みを積極的に行っていきたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.11.30(土) 22:32:51

日南市の誘致企業「南信漬物」との出会い(前編)

 

こんにちは、日南市役所でマーケティング専門官をやっております、田鹿倫基(たじかともき)と申します。

いまは市役所で働いているのですが、もともとは民間企業に勤めておりました。

日南市の取り組みの一環で民間人のマーケティング担当者を配置することになり、

8月から市役所内で働き出しました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

※ 筆者イメージ(実際とは異なる場合がございます)

 

 

日南市の元気な生産者や企業の紹介をしていきたいと思います。

そこにマーケティング視点も少し絡めていきたいと思います。

 

今回が初めての記事なのですが、

記念すべき!?第一回は、日南市北郷町にあります、南信漬物をご紹介いたします!

※ 写真は南信漬物工場長の倉岡氏

南信漬物はもともと長野県の企業で野沢菜を中心に漬物を生産する企業なのですが、

約35年前に日南市に二番目の工場を作られました。いわゆる誘致企業ですね。

当時は日南市で採れた野菜を使って漬物や野沢菜、浅漬を作っており、順調に業績を伸ばしていかれました。

日南市の農家としても作った野菜を買い取ってくれる地元の工場はありがたく、

夏にコメを作った田んぼで、冬に野沢菜を作るというサイクルで作付けをしていました。

 

しかし、事件が発生します!冬のあいだ、野沢菜を作るときに使う肥料が、

夏のコメの生育に影響し、年々コメが採れなくなってしまったのです。

「コメが採れなくなるのは、ゴメンだ。」ということで、野沢菜を作っていた農家は次々に撤退していきます。

「野沢菜を日南で作ってくれると言うから日南市に来たのに。。。」と言うのが南信漬物の工場長を務める倉岡氏。

仕方なく、日南市外の農家さんから野沢菜を仕入れて、漬物・浅漬を作ることになります。

 

 

「地元の野菜を調達できないのに、なんで日南市に工場を作ったんだろう。。。」

そんなモヤモヤを抱えながらも、漬物を作る日々が続きました。

しかし、ある日、出会いがありました。

地元の建設会社に勤めていた高橋さんです。

 

もともとは、漬物を作るときに使う「漬物石」を作っていた建設会社だったのですが、

困っていた倉岡さんのために、なんと農業法人を設立して漬物の原料である野沢菜や白菜などの生産を始めたのです。

これを機に、また地域の野菜を使った漬物の生産がスタートしました。

 

出会いはステキですね!出会いから新しいことが生まれていく・・・

この出会いが、どう発展したのかは、後編に続く・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2013.11.15(金) 23:11:51

PAGE TOP