田鹿の「日南」海幸山幸自慢

佐村河内さんの一連の騒動を、「食」のマーケティング的に見てみた。~前編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 佐村河内さんの一連の騒動を、「食」のマーケティング的に見てみた。~前編~
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
佐村河内さんの一連の騒動を、「食」のマーケティング的に見てみた。~前編~田鹿の「日南」海幸山幸自慢

最近、メディアを騒がせている佐村河内さんの問題。耳が聞こえない作曲家として有名でしたが、実は耳は聞こえていて、しかもゴーストライターがいたというものです。僕は音楽的センスが全くなく、カラオケで歌っても周りがリアクションを取りづらい空気になってしまうのが悩みなくらい音痴なので、彼の音楽がどんなに素晴らしいのかどうかは分かりません。しかし、「騙された!」「嘘つき!」と反応している人がいるのを見ると、「音楽そのものの価値」以外の付加価値が付いているんだと感じました。
具体的に言うと佐村河内さんの音楽を聴いている人は「いい音楽だなぁ」という純粋な音楽鑑賞と、「これを耳が聞こえない人が作ったのかぁ」というストーリーへの共感の二つを消費しているんだと思います。今回の騒動を見て、「音楽そのものが素晴らしいから誰が動作ってても別にいいじゃん。」と思う人もいるかもしれませんが、それは音楽そのものを評価していた人であって、おそらく多くの人は音楽そのものへの評価と、耳が聞こえない人が作った曲というストーリーと一緒に評価していたんだと思います。なので、「騙された!」と思う人が多いんだと思いました。

このような例は、何も音楽業界だけに限ったことではありません。食の業界にも同じことが言えます。例えば、青森県弘前市の、木村さんが作った「奇跡のりんご」。いつも一瞬で完売するそうですが、これは別に「りんご」そのものへの価値だけではなく、「木村さんが無農薬・無肥料で作ろうと、一時は自殺まで考えるくらい悪戦苦闘、試行錯誤を続け、てやっと成功したリンゴ」というストーリーが付いているからこそ人気が殺到するわけです。りんごの味だけだと、おそらくもっと糖度が高くて美味しいものがあるはずです。しかし、木村さんのストーリーがあるからこそ、1個1000円であろうと、2000円であろうと一瞬で完売するわけです。購入者はもはや、そのリンゴを通して木村さんのストーリーを買ってるわけで、もはやリンゴを買ってるわけではないのです。

食を売り出す側にいると、「何に」価値を感じてもらもらいたいのかを、常に考えています。「商品そのもの」の価値はもちろんですが、そこに何を付加できるのか。そして、それはどの流通、販売チャネルと組むのがいいのか、ということと直結します。

 

更新日時:2014.02.16(日) 14:27:55

PAGE TOP