デザイナー津曲智英の「design works in season」

津曲智英

1972年生まれ。
ティーネットプロ代表取締役、デザイナー&マーケティング専門家。
Webデザイナーとして独立後、ティーネットプロ設立。
現在は企業や商品の戦略的デザインによるブランディングを提案。
2012年10月に生産者や食のメディア「in SEASON」スタート。
グラフィックデザイン「宮崎キャビア1983」「発泡清酒はじまり」「ANAホリディ・インリゾート宮崎の冷や汁」「街市」の他、200以上のWebデザインを手掛ける。

日南市北郷生産者巡り(原木しいたけ茸蔵)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 日南市北郷生産者巡り(原木しいたけ茸蔵)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
日南市北郷生産者巡り(原木しいたけ茸蔵)デザイナー津曲智英の「design works in season」

さて、前回の続きです。

いちごのあとは、北郷の山奥へ向かい、原木しいたけ茸蔵の黒木さんのとこへ。

「街市」からずっとお付き合いのある茸蔵さんは、いつもニコニコと出迎えてくれます。

茸蔵さんは椎茸を育てているホダ場をいくつか持っています。

その一つ、間もなく収穫を控えたホダ場に案内していただきました。

入ると圧巻。

原木がずらっと並び、まだちょっと小さいですが、肉厚の椎茸が育っています。

実はこれらすべての原木にドリルで穴をあけ、椎茸の菌がついたコマを一つ一つ手で植えています。

それだけでも大変ですが、原木椎茸を作るには多くの手間と労力がかかります。
また、もとはご両親が養鶏施設として使用していた場所も、椎茸の生育には役立っているようです。

茸蔵さんの椎茸は115という品種を扱っており、数ある品種の中でも肉厚で大きく、美味しいと評判。
品評会でも上位を独占する品種です。
それだけに扱いが難しく、愛情を込めて作らないと美味しく育ちません。

帰り際、実際に摘んでいいよとのことで1つ摂りましたが、茸蔵さんが一杯持って帰ってよと渡され人柄を感じます。

茸蔵さんは各地のイベントなどに出店して積極的に販売をしています。
また、東京の有名店などにも卸しているので、口にする機会も多いと思いますよ。

インシーズンの「美和の出逢い旅」でも取り上げていますので、ぜひご覧ください。
原木栽培を次の世代へ-原木しいたけ「茸蔵」 黒木慎吾さん

原木しいたけ 茸蔵 (たけぞう)
宮崎県日南市北郷町北河内459
TEL/FAX:0987-55-369
WEB. http://www.takezo3.com/
Facebook. https://www.facebook.com/gtakezou

更新日時:2013.12.09(月) 18:20:45

PAGE TOP