おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

わたしの好きなもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - わたしの好きなもの
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
わたしの好きなものおいしい暮らし

私が日々の生活の中で大切にしていることは、その場の空気感を作る美しさや、心地よさです。

ここでは、私のおすすめする暮らしの中の料理や道具、そして季節のレシピをご紹介していきます。

はじめまして。

現在、神宮西にある「ハチドリの台所」で菓子職人、料理講師を務める増田萌子です。

どうして菓子職人?と思われるかもしれませんが、パティシエっていわれると何か違うような。。。

もともとお菓子を作るのも食べるのも大好き。

10年前に「マクロビオティック」に出会い、学びはじめてからは植物性100%のマクロビオティックスイーツを独学で作るようになりました。

バターや卵を使ったお菓子もおいしいけど、私の作るお菓子は植物性の素材だけで、計量したら混ぜてオーブンに入れるだけの簡単なものがほとんど。

室温に戻したり、つやが出るまで混ぜたり…などの手間がかからないので思い立ったらすぐに作ります。

使う材料もとてもシンプルなのにおいしい。

もちろん、ここにたどり着くまでにはいろんな失敗を重ねてきました。

仕事から帰って、10時ぐらいからお菓子作りの試作の日々。少しずつ材料や分量、配合を変えて作っては、毎晩、眠りにつく前に明日は、これで試してみようとか。。。

あるとき、いつも作っているケーキ生地が膨らまないことが続いて、「オーブンが古いから?」と買い替えたら、ベーキングパウダーが不良品だっただけとか。

今思うと、失敗したお菓子の数々を毎日食べてて太らなかったのは、やっぱり植物性の素材でできてたから?

はじめは、「食べたい」から作っていたお菓子がいつの間にか「食べてくれる人によろこんでもらいたい」と思って作るようになりました。

月に1度開催しているハチドリの台所での「マルシェとカフェ」

 

 

12月8日に開催されたクリスマスマーケットでは、さつまいもとクランベリーのスコーン、

クラムナッツチョコタルト、りんごのケーキ、キャロットケーキを販売しました。

 

ニンジンをたっぷり練り込んだキャロットケーキは冬の定番ケーキ。

☆キャロットケーキ☆

A

薄力粉         85g

強力粉         85g

アーモンドパウダー   25g

塩           ひとつまみ

ベーキングパウダー   小さじ1.5

B

豆乳          50cc

にんじん        80g

メープルシロップ    100cc

オレンジジュース    50cc

菜種油         65㏄

バニラエキストラクト  小さじ1

Aの材料をふるいにかけて泡立て器で混ぜる。

② いちょう切りにしたニンジンと、その他のBの材料をミキサーに入れてよく撹拌する。

③②を①に入れて泡立て器で粉っぽさがなくなるまで混ぜる。カップケーキ型に生地を等分して流し入れ、170℃のオーブンで20分焼く。

中にラムレーズンやくるみを入れたり、シナモンなどのスパイスを加えてもおいしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

更新日時:2013.12.12(木) 21:09:31

PAGE TOP