miwa_h01

miwa_profile01

瀬川 幸継(せがわ ゆきつぐ)

1972年生まれ。高鍋高校、高知大学卒業。高鍋町在住。
父の代から始めた乾燥機の販売からスタートした会社に就職。主に食品加工を扱う木城町の工場で農水産物の乾燥・焙煎・粉砕などの加工を行なっている。
妻、高校生2年生、中学3年生のお嬢さんとの4人家族。
株式会社ドライ・アップ・ジャパン取締役専務。

miwa_profile02

  • 【住所】
    ・木城工場(本社)
    〒884-0102 児湯郡木城町大字椎木3582-1
    ・高鍋元気館(店舗)
    〒884-0006 児湯郡高鍋町上江6649-15
  • 【電話番号】
    ・木城工場(本社)
    0983-26-6200
    ・高鍋元気館(店舗)
    0983-23-1696
アーカイブ (Archive)
  • miwa_slide01
  • miwa_slide02
  • miwa_slide03
  • miwa_slide04

郷土料理を商品化「日南市漁協女性部」

取材に訪れたのは、木城町。百済王伝説が伝わる比木神社などのエリア。木城町にドライブに来たらぜひ立ち寄りたい地元料理の店「山菜長越」のすぐ近く。様々食材を乾燥させるという珍しい工場があるとのことでお邪魔したのが、株式会社ドライアップジャパンの本社である木城工場です。
 お話を伺ったのは、専務の瀬川幸継さん。会社の設立は昭和63年。自動車関連メーカーに勤めるサラリーマンだった父の幸三郎さんが創業した会社で、幸継さんも大学を卒業後平成7年に入社しました。社長が主に機械の企画・組み立て・販売、そして長男の幸継さんは木城町の工場で農水産物の乾燥・焙煎・粉砕などの加工を行っています。

瀬川さんによると、乾燥機メーカーというと乾燥機の製作や販売・メンテナンスなどが一般的な業務内容で、実際に農産物などを加工したり、商品開発をして製造したりする会社はかなり珍しいとのことです。工場の中をみせていただくと、みかんの輪切りがほぼそのままの形で乾燥されていたり、椎茸の粉末から香ばしい匂いが漂っていたり、できたてのゴマのふりかけがあったりと多彩な商品が「乾燥」という技術から生み出されているのを目の当たりにしました。

家庭の味として親しまれているかつおうみっこ節

現在のような取り組みを始めたきっかけとなったのは約30年前。宮崎県の豊富な農産物の規格外品を何かの形で商品にできないかとの相談を受けて、ニンジン・ピーマンなどを乾燥する機械を手がけ始めました。新富町にある工場で、機械の組み立てなどと並行して一部で農産加工も行なっていましたが、取引先が増えるに従い、衛生面なども考慮し木城町に食品加工を専門に扱う工場を立ち上げました。

食品を乾燥させる技術は、切り干し大根や、しいたけ、たけのこ、梅干しなど昔から食品の保存方法として利用されて来ました。また、乾燥させることによって、より素材の味が生かされたり、栄養価が高まることも広く知られています。加工品として付加価値をつけて、消費期限も青果物より長い商品を作ることで、主な消費地である都会から離れ、輸送コストがかかるというハンデを乗り越えようというものです。
 また、通常市販されているドライフルーツは海外の砂糖漬けにしたフルーツを乾燥したものが一般的ですが、こちらの会社では、国内産のマンゴー、いちご、日向夏、みかん、トマト、イチジク、キンカン、梨などの商品を、砂糖で味付けない素材の甘さを生かした、安心・安全なドライフルーツを製造できるのも強みです。

地元の魚をもっと身近に

新富町、木城町の工場と合わせて、高鍋町にはアンテナショップとして「高鍋元気館」があり、加工品の販売を行なっています。自社の製品だけでなく、設計・製造して注文先に納めた乾燥機で作られたプリザーブドフラワーも置いてあり、乾燥という技術を用いた商品の輪が広がっています。手がけた商品をインターネットで販売したり、自治体のふるさと納税に出品したりと多くの人の元へ商品が届く仕組みづくりに取り組む瀬川さん。

加工品の製造販売はもちろん、乾燥機の設計、注文に関してもお茶などの生産農家が自家の農産品を自分たちで売りたいとの機運の高まりから、これまでのノウハウを生かし生産者のニーズにあった乾燥機の受注も行なっています。
 かつて、気温や風向き、天気を読みながら伝統的に伝えられて来た「農産物の乾燥」という技を、機械化し、「機械」「加工」そして「販売」をより強めて行こうという全国的にも珍しい取り組み。小ロットからの加工も受託可能ということで、これからまたどんな新商品が生まれてくるのが楽しみです。

取材: 横山美和 (よこやま みわ)
宮崎市出身。宮崎大宮高校を経て、立教大学社会学部へ進学。在学中よりフリーアナウンサーとして活動。2003年に帰郷しテレビ宮崎入社。現在は子育てをしながらUMKテレビ宮崎、MRT宮崎放送、宮崎サンシャインFMの番組、CM等に出演の傍ら、宮崎県内で絵本とピアノのステージ「おはなしとおんがくの森」の公演も行う。
facebook: 横山美和

ブログページ―美和の見聞録

PAGE TOP