おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

料理の”コツ”

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 料理の”コツ”
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
料理の”コツ”おいしい暮らし

最近、周りから、知ってると便利な”コツ”を教えてもらうことが多い。

例えば、レモンを絞るときは最初に台の上でゴロゴロと転がして、果肉をやわらかくしてから絞ると絞りやすいとか、

キャベツを千切りにするとき、スライサーを使うと味がしないとか(これは繊維を壊してしまうからなのだそう。玉ねぎや、きゅうり、大根などスライサーを使わないほうが同じ野菜でもおいしくなるそうです。)、

同じ料理でも人によって全然違う味になる。

それは、こんなちょっとした”コツ”の積み重ねなのかもしれない。

しじみやあさりをあんまり料理したことがなかったとき、お湯から入れて全然だしがでなくて味のないみそ汁ができたのを思い出します。

筍のおいしい季節

「筍をお盆のあたりまで楽しむ保存方法」

瓶にゆでた筍を入れて90℃のお湯をひたひたまではってふたをし、シンクの下などに保存します。

2〜3日、水が透明になるまで毎日お湯を変えます。

にごらなくなったらお湯をはったままでそのまま保存。

こうするとあまり日持ちのしない筍が、お盆のあたりまで楽しめるのだそうです。

「ささみやエビをふっくらとゆでる方法」

ささみは、軽く塩をして1ℓの湯に約15gの塩を入れ、沸騰したらささみを加えて火を止め、5分ほど置き、取り出して冷まします。

同じ方法でエビもゆでることができます。こうすることで、身が固くならずふっくら仕上がります。ささみをゆでたゆで汁はスープとしても使えますよ!

「おいしいパスタのコツ」

パスタをゆでるときは、海水ぐらい塩分でたっぷりのお湯でゆでることと、ソースの味が麺の同じぐらいの味付けだと、麺とソースがちょうどいい味になるのだそうです。

「じゃがいもを色よくゆでるコツ」

じゃがいもをゆでるとき、レモンを1切れ、一緒に入れてゆでるとじゃがいもの色がきれいなまま仕上がります。

”コツ”を知っているだけで、料理の手際がよくなったり、おいしくなったりするのでみなさんもぜひ試してみてください☆

 

 

 

 

 

 

 

更新日時:2014.04.27(日) 01:28:07

PAGE TOP