アーカイブ (Archive)

食旅の駅


足湯の駅えびの高原

国立公園第一号

えびの市の市名はえびの高原に由来します。 えびの高原は、標高1,200m、最初の国立公園に指定された霧島錦江湾国立公園の北部に位置し、日本ジオパークにも認定された県内屈指の観光エリアです。 韓国岳や甑岳をなど大小いくつもの山々がすそ野を広げるえびの高原内には不動池、六観音御池、等の火山湖も点在しており、トレッキングスポットとして根強い人気があります。 その観光の中心にあるのが、宮崎交通グループが運営する複数の施設。えびの高原には日本最南端の屋外スケート場や、温泉、宿泊施設等もあります。

無料足湯スポット

無料足湯も嬉しい立ち寄りスポット えびの高原の中心にあるのが「足湯の駅 えびの高原」。 国立公園内ということで建物規制があり、外観はウッド調の黒っぽい色で自然の中に調和しています。 えびの高原の情報提供スポットにもなっており、レジ横には案内パンフレットが置かれた常設スペースもあります。 足湯は湧出温度36℃、加温・加水なしでかけ流し。15人くらいは楽に腰掛けられるようゆったりとした作りになっており、店内では足湯用にタオルの販売もあります。

おみやげコーナーでは、昭和30年代にえびの高原が観光地として整備されたときにできたお菓子『赤松』が一番人気で、ここえびの高原だけの限定販売。 また人気の登山弁当500円は注文してから作るお弁当で、11時頃までの受付。 標高1,700mの韓国岳も眼前にあり、1階のレインフォレストカフェ、2階の展望レストランどちらからも眺められます。 2階レストランでは、宮崎牛焼肉定食(80g)1,680円が毎月300食を出る人気商品。 また、チキン南蛮定食1,080円も人気。

また、道路を挟んだ『民芸の店かみふうせん』では、かずらや竹など山里で収集してきた自然の素材を電球カバーや籠に加工して販売中。 かずら電球のセット1500円~、木製スプーン100円~、などハンドメイドで温かみのある家具や雑貨はお手ごろ価格でお財布にもエコです。

アクセス

足湯の駅えびの高原

  • 宮崎県えびの市大字末永1495番地
  • 0984-33-1155
  • 8:30~17:00
  • 公式WEBサイト

PAGE TOP