アーカイブ (Archive)

食旅の駅


三股町物産館「よかもんや」

JR三股駅隣にある、駅舎のように落ち着いた佇まいの建物。それが三股町物産館『よかもんや』です。三股町内の特産品を中心に、宮崎県内からよかもん(良い物)を集めた物産館。野菜や果物、農産加工品、お菓子、木工品や陶芸品などの工芸品、などが多数販売されています。特に注目したいのは、充実した加工品コーナー。どぶろくを使った加工品や、café miyabiのオリジナル無添加ドレッシング、ヤマメの黄金イクラ、など、たびたびメディアで紹介される商品も多く販売されています。

どぶろくを使った商品群

どぶろく特区の認定を受けている、三股町ならではの商品。
どぶろく『百姓の微笑み』は、赤米のどぶろくもあり、贈答品の紅白セットも販売中。「どぶろくはアルコール度数が7〜8度と低めで飲みやすい味」(よかもんやスタッフ柳園さん)。また「どぶろくソフトはよかもんや限定販売で、ノンアルコールで子どもも食べられる優しい味です」(同)。その他どぶろくアイス、どぶろく大福もあり、宮崎市内のアンテナショップ(ひむかよかもん市場)では売り切れ続出の人気商品があります。

町内産の貴重なゴマ

ゴマの国内自給率はわずか0.1%と言われており、
よかもんやの一角には、地元産ゴマのコーナーがあります。 それを目当てに来るお客さまも多いそうです。三股町内では「ゴマを栽培する会」を結成してゴマの栽培を進めており、栽培農家も複数います。中には農薬や化学肥料に頼らない農法でゴマを栽培されている方もいて、今後は町内で地元産ゴマを使った商品開発も計画しています。金ゴマ、黒ゴマ、も販売中。

毎月第4日曜日は朝市も〜みまたん駅前よかもん市〜

よかもんや入り口前の駐車場を会場に開催されます。
通常、よかもんやに商品を置いていない個人や農家さんも約20店舗出店し、ゆったりとした雰囲気の朝市です。
しし汁の販売も行われ、町内の方を中心に早朝から人が集まり、お散歩がてら朝市にくる人もいます。
(朝市7:00〜9:30頃)。また、朝市以外にもイベントが随時企画されています。詳しくはよかもんやブログ参照。

アクセス

三股町物産館「よかもんや」

PAGE TOP