アーカイブ (Archive)

食のイベント


都城ぼんち市

縁日のような賑わいを見せる朝市

そば、おから入りガネ(サツマイモの天ぷら)、唐揚げ、カレーパン、天然酵母パン、もち、漬け物、しいたけ、みそ、しょうゆ・・・。さながら縁日のような賑わいを見せます。かつて多くの都城市民で賑わいを見せていた旧都城大丸跡地で、毎月第2日曜日に開かれている軽トラ朝市。今年10月で7周年目を迎えますが、毎月市内外から70〜80店舗ものお店が集合。
出店者もお客さんもリピーターが多く、その中でも特に人気なのは、海産物や水産加工品などを籠盛りにして販売するお店。開店から行列が出来る事も多いようですが、海産物屋の店主によると「行列が出来るのはぼんち市ならでは」だそうで、内陸にある都城ならではの‟海の幸‟への憧れもあるのかも。
その一方、都城は県内有数の農畜産物の生産基地で食品メーカーも多く、野菜やその加工品の出店も目立ちます。また都城は、山間部からのアクセスも良好で、出店者も宮崎市や日南市等の海岸平野部のイベントに比べ出品しやすい。そのためぼんち市では、発酵調味料や地蜂、山菜などの‟山の幸”も豊富に揃います。

交流の場としての朝市

都城ぼんち市は、都城の中心市街地活性化も担う朝市となっている。
地元商店の出店をはじめ、最近では和太鼓グループが練習成果を披露したり、実地研修も兼ねたボランティアの高校生が朝市運営に加わったりするなど、多様な団体が朝市を活用しています。そうして買い物以外の魅力も朝市に加わることで、活気に溢れる朝市が続いているのです。
また、めだかや金魚、竹とんぼやこまなど、子供が喜びそうな出店もあり、出店者本人も子ども連れのお客さんとの交流を楽しんでいます。出店者とお客さんとの活気のある掛け合いだけでなく、出店者同士も楽しそうに会話をしたり、互いの店で買い物をしたり。「出ること自体が楽しい」と毎月一度のこの日を心待ちにしている出店者もいるほど、会場は和気あいあいと和やかな雰囲気。
開催1週間前には、出店者情報が商工会議所ホームページに更新され、この店でしか買えない逸品を求めるリピーターが絶えず訪れます。
目当てのお店のお買い物を楽しんだ後、ゆっくり他店も見て回れるように、事務局ではショッピングカートの無料貸出しや、無料荷物預かりなどソフト面でのサービスも充実。出店申込情報も、ウェブサイトで確認できます。

インフォメーション

都城ぼんち市

開催日時
毎月第2日曜日 8:00〜11:00(※12月〜2月は9:00〜12:00まで)
開催場所
都城郵便局裏通り一帯
駐車場
ウェルネス交流プラザ駐車場(2時間無料)
お問合せ
都城商工会議所 TEL:0986-23-0001(平日9:00〜17:30 ※祝祭日は除く)
http://www.miyazaki-cci.or.jp/miyakonjo/bonti

PAGE TOP