おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

包むこと。包むという文化。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 包むこと。包むという文化。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
包むこと。包むという文化。おいしい暮らし

正しい「りぼん結び」を最近になって知りました。

裏表がないりぼんを結ぶときの結び方、表がある場合の結び方で、りぼん結びも変わります。

そういえば、りぼん結びや包み方というのは、学校で教えてもらいませんよね?

「包」という文字は実は象形文字で、「お母さんのお腹にいる赤ちゃん」という形を文字にしたものなんです。だから「おくるみ」は、「お包み」と書くのですね。

包装は元は折形と言い、日本で最初のこの折形の本が記されたのは、1764年。伊勢貞丈が記した「包之記」です。

これ以前は厳しく秘伝、口伝として守られていたと言いますので、書物ではなくてもそれ以前から包む文化はあったのです。
物品やお金を包むやり方は、そのものが何であるかがわかるようになっていて、それが相手を思い、敬う心でもありました。
室町時代に将軍家が礼法を制定したときすでに伊勢家には何十種類もの方式があったそうですが、その頃、和紙は大変貴重なもので、将軍家などの最高級階層しかおこなわれませんでした。江戸時代になって一般庶民にもこれが普及したとあります。

「大事なものを包むということは、誠意が伝わり、絆を深めてくれます。」

そう話してくれるのは、

日本フラワーデザイナー協会公認校コスモフラワーデザインスクールを主宰されており、ラッピングコーディネーターでもある阿部泰子先生。

阿部先生に出会って、「包む」ことに対する意識が、変わりました。

この日は、お祝いの気持ちを表すために斜め包み、いわゆるデパート包みというのを教えていただきました。

まずは、包むものの大きさに合わせて紙をカッターで切ります。

「カッターを使うときも人に向けないよう手前に切っていきます。刃をぎりぎりまで出してしならせながら切るときれいに切れます。」

カッターの使い方なんて考えたことありませんでしたが、確かにしならせて切っていくときれいに切れます。IMG_8915

これは、グラノーラを包んでいるのですが、ポケット状になっている部分が、上になります。

お祝いのときは、そこから今以上の幸せが入ってくるように、弔事のときには、悲しみが下から流れていくように包みます。

これにりぼんをかければ、完成です。

IMG_8920 (1)

残った紙切れも、封筒や、小さいサイズの袋になるので、取っておいて時間のあるときに作ります。

使う道具は、ハサミ、カッター、両面テープ、テープのり。あとは、好きな箱や包装紙、りぼん(紐)を選ぶだけです。

簡易包装が増え、シンプルなラッピングもよく見かけるようになりましたが、お祝いの気持ちや悲しみの気持ち、敬う気持ち、感謝の気持ち、いろんな気持ちを伝えてくれるこの日本の伝統的な「包む」という文化は、改めて素晴らしいということに気づかされました。

阿部先生は、自宅やカリーノのキッチンスタジオで教室も開催されています。

http://www.cosmos-87.com

もうすぐバレンタイン。

今年は、ラッピングも楽しくなりそうです。

更新日時:2017.01.31(火) 16:39:38

PAGE TOP