おいしい暮らし~暮らしを楽しむ料理と道具

増田萌子

宮崎市堀川町のマクロビオティックスイーツの専門店「Sweet mocomoco」スイートモコモコ主宰。
卵・乳製品・白砂糖を使わない、カラダにうれしい素材で作るお菓子教室やマクロビオティック料理教室を定期的に開催。
その他、商品開発や、レシピの企画、制作、監修など多岐にわたって活動中。

そばを味わう。

無類の蕎麦好きで、旅行先でも必ずといっていいほど蕎麦屋を訪れるほど。

地元宮崎、長野、南阿蘇、京都、浅草などこれまで行った蕎麦屋は、数知れず。

手打ち蕎麦を味わうならやっぱりざるそばです。

最後に出てくるそば湯を味わうのも楽しみのひとつ。

実は、この「そば」ですが、

玄米をもしのぐほど、栄養価の高い穀物。

しかも低カロリーで、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄などのミネラルと食物繊維が豊富です。

また、そばには抗酸化作用のあるポリフェノールの一種であるルチンを含んでいます。

ルチンは、血管を強くして高血圧を防ぐ働きがあるので常食すれば、動脈硬化の役に立つと言われています。

ただ、ルチンは水溶性のため、そばをゆでるときに湯の中に溶け出してしまうので、そば湯を飲めば、そばの栄養を余すことなくとることができるというわけなのです。

そんなそば好きの私が、ずっと行ってみたいと思っていた蕎麦屋が、霧島の雄大な自然の中にあり、挽きたてのそば粉で打ち立ての蕎麦を楽しめる「がまこう庵」

IMG_5644

先日、やっと行くことができました。

 

私が注文したのは、温かいかけと冷たいざる、二つのそばが味わえる「二味そば」

IMG_5626

 

そばの香りが飛んでしまわないように石臼で挽き、湧き水で打ったそばは、格別でした。

だしは、出汁は鰹、昆布、いりこ、椎茸の旨味が融合したどこが懐かしい味。

収穫して自然乾燥させたすべての玄そばを、特殊な袋で真空状にして詰め、5℃の冷蔵庫で保管することで、新蕎麦のような高い品質を保つなど工夫とこだわりがいっぱい詰まっていました。

IMG_5637

他にも、お菓子や天然酵母パンなど手作りのものがたくさん並んでいます。

IMG_5641

 

IMG_5642

IMG_5639

実は、Sweet mocomocoのグラノーラ

「きなこと玄米シリアルのグラノーラ」で使っている玄米シリアルは、こちらを使っています。

IMG_5501

そしてそば粉ケーキのそば粉もがまこう庵で作られているものを使っています。

IMG_3933

自然な暮らし、身土不二、自給自足

そんな言葉がぴったりのがまこう庵で手間ひまかけて大事に作られたものたち。

まさにそばを堪能できる空間でした。

 

そば粉とラムレーズンのケーキ

材料 A【薄力粉…120g そば粉…65g アーモンドパウダー…35g ベーキングパウダー…小さじ1.5 塩…ひとつまみ】
B【豆乳…80cc ココナッツミルク…80cc きび砂糖…65g 菜種油…50cc メープルシロップ…50cc】
ラムレーズン…大さじ3
つくりかた
①Aの材料は、ふるいにかけて合わせておく。
②別のボウルにBの材料を合わせて泡立て器でよく混ぜ合せる。
③②を①に加えて泡立て器で粉っぽさがなくなるまで混ぜ合せ、ラムレーズンを加えたらゴムベラに持ちかえてさっくりと切り混ぜる。
④油を塗った型に③の生地を流し入れ、表面を平にする。
⑤170℃に予熱したオーブンで約30分、竹串をさしてみて何もついてこなくなるまで焼く。ケーキラックにのせて、冷ます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
更新日時:2015.07.20(月) 22:45:58

PAGE TOP