アーカイブ (Archive)

食旅スポット


日南市特集

港町 ふれあい処 ごんぐり亭

マップ

漁師町の家庭料理を味わえるお店。
地元の町おこしグループ「夢見会」が5年前にオープン。
「南郷のことをもっと知ってもらいたい、楽しんでもらいたい」と、魚を中心にお肉や野菜や保存食まで、豊富な食材を生かした料理が特徴。定食はもちろん海鮮丼にも小鉢が3つもセットでついてくるので、いろいろ食べたいという人にもお勧めです。 「遠くからくる人はもちろん、地元の人にも楽しんでもらいたい」毎週小鉢や定食のメインを変えたり、良心的な価格に抑えたり、何度来ても楽しいおいしい店づくりをチームワークで進めます。
また、ぬか漬けも金柑の甘露煮も、出来るものは基本全部手づくりがモットー。金曜日限定、限定20食の『金特ランチ』はメインの一品に小鉢が3〜4品、みそ汁、ぬか漬け、金柑の甘露煮、ぜんざいかコーヒーまでつく彩り豊かな御膳です。お店は明るく一人でも入りやすい雰囲気。気さくなスタッフの方が笑顔も気持ちよくて対応してくれるので、お食事が更においしく感じます。

  • 日南市南郷町中村乙4789-1
  • 0987-64-0039
  • ランチ 11:00~14:30頃
  • 水曜日

お食事処 まつ (ごんぐりの味噌煮)

マップ

南郷町の定食屋さん。常連さんが「お店で使ってよ」とタケノコや山菜、野菜などを持ち込みます。アットホームで落ち着く雰囲気のお店です。
お店では南郷の郷土料理『ごんぐり』の味噌煮も手づくり。ごんぐりとはマグロの胃袋のことで、お食事処まつでは、知り合いの漁師さんから直接仕入れた新鮮なごんぐりを圧力鍋で柔らかく煮て、味噌煮にして仕上げます。固いごんぐりを時間をかけて柔らかく仕上げているのでとっても食べやすい。ごんぐりの仕入がない時期は、品切れになることもあるので要注意です。昔から味噌煮や唐揚げにして地元でよく食べられていたごんぐりは、独特のクセがあり、焼酎やお酒のつまみにもぴったりです。夜はもちろん昼でも単品で注文でき、ご飯にのせるとご飯が進みます。
定食で人気の『コンビメニュー』。主食をカツオ丼かマグロ丼のいずれかを選び、主菜をチキン南蛮や生姜焼きなどの6種から1つ選べるお得なセットで、地元の人にも人気です。

吉乃家

マップ

昭和初期創業、現在四代目。吉乃家は、漁港から一歩入ったところにある、昔ながらの閑静な住宅地の一角にあります。この町では港町という土地柄、魚はもちろん、かまぼこやてんぷら(魚のすり身を揚げたもの)など魚の加工品が食卓の常連でした。
「かまぼこ作りは、機械化は進んでも作業は全て手作業」と毎日父と息子を中心に熟練のスタッフで手作り。防腐剤や保存料は使用せず、スケトウダラのすり身と調味料で練り上げて蒸して作ります。
賞味期限はおよそ1週間。年末年始以外は店で作る仕出し料理に使ったり、インターネットや電話での注文に応じたりと直接販売がメインです。
遠くから買いにくる人もおり、事前予約をすれば店頭で買うこともできます。

栄松ビーチ

マップ

ビーチの正面には大きな島があり、遠浅で穏やかな、透明度抜群の海水浴場。ビーチの正目にある島へ渡し船も運行。カニや貝や熱帯魚などいろんな海の生き物と触れ合うことができます。
栄松キャンプ場も隣接し、管理棟では浮き具やシュノーケリングセットなどの貸出しがあり、着替え室をはじめ温水シャワーやトイレなどの設備も整っているのでとっても便利。また、常設キャンプやバーベキューセットなどの貸出しもあるので、気軽にキャンプを楽しむこともできます。
また栄松ビーチはマリンスポーツの拠点で、シーカヤックのほかにダイビングやシュノーケルのポイントもあります。シーカヤックを漕ぎながら、海底の珊瑚や熱帯魚を眺めるのもお勧めです。
http://nango-on.jp/(なんごうオーシャンネットワーク)

  • 日南市南郷町中村乙4178-1
  • 0987-64-0002(栄松ビーチ 管理棟)
  • 遊泳可能時間 9:00~17:00
  • WEBサイトはこちら

アクセス

  • ふれあい処 ごんぐり亭
  • お食事処 まつ
  • 吉乃家
  • 栄松ビーチ

PAGE TOP